インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20140905]
11012

リビングとキッチンの間にテーブル付きの小窓があると便利です。

ダイニングとキッチンは切っても切り離せ合いほどの距離なのですが、リビングとは少し離れていることがあります。

ちょっとしたお客様にお茶のサービスなんかする時、お盆を持て扉を開けて移動するのは結構大変です。

そこでキッチンとリビングが隣接しているのならキッチン側にテーブルを付けた小窓を用意します。

ここでワンクッションすれば安心して物が運べますね。
またキッチンの中ではこのテーブルがちょっとした書き物をしたり、キッチン作業場が埋まった時には便利。

注意点はどんな風にリビング家具を置くようになるかです。
色々な状態を想像して上手く収まると感動物です。
(写真は 東岡山線路脇の家 )
[20140218]
kitchen001

普通の住宅でもプロ用の機材を入れてみることがあります。
この場合殆どが私の以前の作品を見ていて、かなりお料理に興味や実績のある方が多いです。

一番の特徴はトップバーナーの大きさが3倍くらいになることでしょうか。
2段になっている内側のバーナーでさえ普通のガスレンジのトップバーナーと同じくらいになります。

ですから通常の調理をするときはなるべく火を小さくすることを心がけなくてはなりません。
ちょっと油断すると黒焦げに・・・(笑)

でも中華の炒め物なんかは最高です。

またレンジ部分になべをそのまま入れるなんて言う芸当も出来ます。
チキンを焼いても皮が本当にパリッとして美味しい物です。

さてそれ以外はやはり家庭用ですので上手に家具工事を収めておきます。
部分的にエレクターのワゴンなんかを使い、ステンレスの天板を使って。
(写真は玉川上水風致地区の家 のキッチン)
[20130909]
hillhouse001

住宅にとってどのようにアプローチしてそれがどのように見えるかというのは大変重要です。

門があるのか直接玄関に至るのか。

一番最初に見えるものが洗濯物なんて言うのでは寂しすぎます。
また玄関周りこそ何時もきれいに保っていたいものです。

そのためには計画の段階で注意深く汚れそうなファクターを検討しておく。

駐車場・勝手口・洗濯物干し・物置・・・・・・
この辺をチェックしておくと上手く行くでしょう。

写真はマッキントッシュのヒル・ハウス。
いくつかの門がありますが南側のこの門がメインアプローチだと思われます。
[20130111]
yukigaya 001


住宅の安全性を考える事は今や必須状権になりつつあります。

どんな手すりをつけるのか結構考える事が在ります。

階段室は特に色々な要素が入ってきてデザインの見せ場に成る場合も多いもの。
ありきたりの手すりをつけてしまうとそれこそ空間が死んでしまう事もあります。

写真は雪谷のアパート付住宅の住宅部の階段室。
直径10センチ程の円柱の手すり子に直径42ミリの手すりをつけて安定感を出しています。

手すり子と手すりはグラデーションで色を変えて器械のような雰囲気で。

手前は壁を一体化させた特注照明。
[20120717]
hillhouse001

住宅にとってどのようにアプローチしてそれがどのように見えるかというのは大変重要です。

門があるのか直接玄関に至るのか。

一番最初に見えるものが洗濯物なんて言うのでは寂しすぎます。
また玄関周りこそ何時もきれいに保っていたいものです。

そのためには計画の段階で注意深く汚れそうなファクターを検討しておく。

駐車場・勝手口・洗濯物干し・物置・・・・・・
この辺をチェックしておくと上手く行くでしょう。

写真はマッキントッシュのヒル・ハウス。
いくつかの門がありますが南側のこの門がメインアプローチだと思われます。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる