インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20170426]
takebe001

昨日素晴らしい場所を見つけました。
でも地元の人は知っていたわけで、でも大方のそれ以外の方は気付いていない。
パソコンに発表されているかと思って検索してみましたが、出てこないようです。
この頃はどんな場所でもすぐに有名になりがちですが、全く珍しい。

先週のことです。
枝垂れ桜が満開という話を聞いて「たけべのもり」に行った帰りのことです。
建部駅に通じる「なかよし橋」の向こう側の土手に数色の花が咲いている気配を感じたのです。
でもその日はそこまで行く踏ん切りがつかず、国道53号線を南下したのでした。

takebe002


そして昨日山が笑っている姿を観たくて、旧旭町にある三休公園に行った帰り。
もう一度同じ場所で強い引力を感じてしまったのです。

今度は「なかよし橋」を渡ってそばまで行ってみました。

素晴らしい!!

何色もの八重桜が堤防の上にトンネル状に咲いていました。
地面はアスファルトも敷いていない雑草の道。
堤防のブロックコンクリートは仕方がないところです。

大阪造幣局の通り抜けは有名ですが、この前兆を歩くとそれに匹敵する(ちょっと無理かな?笑)長さです。
そしてなんと満開。
私は染井吉野も嫌いではないですが、やはり花の季節の浮かれた雰囲気が好きではなく、この時期の八重桜が本当に静かで好きなのです。

その後、街並みを車で流すと江戸期と思わしき町屋が数連繋がっていたり。(これはパソコンに紹介されていて、実際には明治初期でした)雰囲気も抜群。

もう少し丁寧に街を歩いてみたくなった次第です。(パソコンでは昔の船の渡し場も残っているらしい)

こういう発見があるので田舎道は素晴らしい!!

高速では見つかることはない世界だと改めて思った次第です。(ただ高速代をけちるケチな奴です!)

takebe004

[20170402]
gijyo001

クラシック系のピアニスト、フェルナンダ・モレーロと現代音楽に足場を置きながらジャズ・ロック・クラシック・アルゼンチンフォルクローレなど広範な領域で活躍するギジョ・エスペルのアルバム。

数年前の真夏にやって来た時は、どうもしっくりこなかった。
ただこれを試聴して気に入ってユニオンのウォントリストに入れておいたのは、そうまだ寒い時期だったことをきょう思い出して久々にプレーヤーのトレイに載せてみた。

音楽は思った以上に季節に左右される。

この静けさはこの時期ならではでしょうね。

gijyo002


スピネッタ トム・ジョビン ビョーク レノン・マカートニー バカラック シューマン。

形がほとんど変わっていてわからなくなってるものも多いけど、なかなか行けます。

[20160727]
miyaji001

私は夜にはめっぽう弱くて、8時過ぎて横になってしまうともううとうと。
代わりに朝は4時であろうとすっきり寝覚め。
これは幼少の時代から変わることはありません。
さてこの時期の早起きと言えば、やはりこれですね。

miyaji002

蓮の花です。
蓮の花は早朝にポンと音を出して開花して、昼にはもう乱れてしまうという花です。
だからできるだけ早起きで観に行かなければならない。

久米南にある蓮公園。
私の家からは車で50分程。
5時半に出発。
でもこの時間はこの時期早いというにはおこがましいですが・・・・
6時半前に到着。
棚田にたくさんの蓮が植えられてます。
朝露に降られて水晶のような粒をキラキラさせています。

どこか桃源郷のよう。

miyaji003

マイケル・フランクスでロータスブロッサム



[20160327]
koune

そろそろ桜の開花の知らせが届いています。
昨日後楽園の標準木も開花が見られ岡山も桜が開花したらしいです。
そんな中私は先週から八頭寺ふるさと村近辺に出向いているのです。
なぜかって?
それはこぶしの花の原種、噛柴(たむしば)を見たくなって来たのです。
先週の火曜日はどうもぽつぽつとしか開花していなかったので土曜日ならと車を走らせたのですが・・・

tamusiba001

こんな状態、それでもかなり咲いてきたというべきか、でも本当はもっと咲くんですよ。
やはりもう5日ほどはかかるかなぁ~~。

しかしその帰りがけ素敵なものを見つけたのです。
吉永と八頭寺の中間あたり、神根本というところで集落の山際でひときわ大きな桜を発見。
この時期ですから多分彼岸桜の一種でしょうか、ほぼ八分位に咲いています。

車を置いてすぐ歩いて探索。
神根(こうね)神社の境内というか石垣の処に雄々しく咲いています。
そしてそのわきでは2人の子供と親子が家庭菜園をしている。
なんという絵にかいたような景色。
それにだれも見る人もいない。

一人この姿を堪能したのでした!!

koune001

(絵馬堂にあった奉納絵馬。たぶん江戸期のものだろう。武者絵がなかなかいい感じ。)

ema001

[20150427]


良い曲ですね!!
数日前から自然に口ずさんでます。

私が大学に入学した当時初めて聴いた曲です。
たぶんその2・3年前からはやっていたんでしょう。

高校入学時にラジカセを買って、その時期の欧米ポップスに目覚めてから1年半ほどはその世界にどっぷりとつかっておりましたが、やはり周りの影響というか、周りがフォークソング全盛期に突入していくとそれを聴かないと女性に相手にもされない。

別に相手にされなくてもいいわけですけど、特に素敵な女性ほど結構高感度な訳で・・・

でもやはり大学に来ちゃうとやはりどんどん上には上がいてしまうわけです。
そして最初期に学科の友人となった男の後ろについて入部したのがとあるクラブ。
それも希望して入っていないので時期が少し遅れ気味。

新入生歓迎コンパの前に入部して、その2週間後にはその後在学中は1度も欠かさなかった西武園遊園地絵の遠足。
(西武園には入らなくて、多摩湖・狭山湖あたりの空き地で遊ぶ)

そんな時「自分はジョン・デンバーの隠し妻」だと公言している女の子が居りました。
もうジョンデンバーのことなら何でも知ってる。

でも直接話してみると、すごくはにかみ屋で声も小さくて、でも確固たる価値観を持っている不思議な女性でした。
見た目はジーンズのオーバーオールにトレーナー。(その当時の美大生の典型的な姿)
カモシカのように細くてでもガリガリではない。髪の毛はマッシュルームカットでした。
当然新入生の中でも目立つ存在。

その後私にポピュラー音楽のいろいろを教えてくれた御仁のお気に入りだと聞き及びました。
当然この方はイラストレーターをめざし、今はまごうことなきイラストレータであらせられますが、もう目指してこのクラブに入っておられるのでもうこの1ヶ月の差が歴然としています。

まぁしかしその御仁は遠足には来られなかったので一言二言彼女と並んでお話などで来たのでした。

その時教えていただいた曲。

そうあれは狭山湖の周回道路のようなところで今日のように少しかすんだ天気の良い日でした。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる