インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100228]
hannhaku001

受付と待合のある土間で黄色の札を貰ってしばし待ちます。
次は赤い札の方たちで私はその次のグループになります。
待合にはよしもと正人さんの彫刻。
山本美文さんの木工。
竹内立爾さんの陶器が展示されています。
ヴァンホーは昔の農家ですから、この土間から上がった所に3畳ほどの前間があってその奥に6畳の続き間があります。
この続き間12畳でお茶会は行なわれます。
上がり框のところには、李朝箪笥が置かれてその上にはよしもとさんの石の器に山茶花とまだ蕾のばいもゆりがいけてありました。
そして前の間には美文さんの木の壁掛けオブジェ。
竹内さんの陶器などが飾られています。

hanhaku003

和の空間にイランの絨毯が引かれて美文さんのシェーカー家具がなかなか良く似合います。
さて今回のお菓子は彼らの干支にちなんだうりぼう。
可愛いですね。
菓子器には美文さんのシェーカーのまげわっぱの漆をかけたものを使っています。
黒文字は美文さんが削った桜の木でこれは会の後戴いて帰れると言う趣向。
こう言う所もなかなか愉しい。

うりぼうの中身は白餡で梅のジュレが忍ばせてあります。
1年半と言いながらよしもと正人さんのお手前はなかなかどうに行っております。

hanhaku002

竹内さんの器は酒津焼きでしょうか。
上薬はこのヴァンホーの暖炉の灰を使用したりしたそうです。
驚きは茶釜も陶器だったことですね。

お茶碗は陶器のほか、美文さんの木で漆を塗った物や、よしもとさんの意思を削ったものもあります。
正面の床には木彫で作った白椿の蕾が飾ってあります。

なかなか愉しい趣向で、美味しいお茶を戴いて帰りました。
[20100227]
vanfo001

午後から倉敷の北のはずれに当たる西坂にあるサロン・ド・ヴァンフォーへ行ってまいりました。
今日と明日、ここでは半白茶会が模様されるのでこれに参加する為です。

私はとんとお茶のお手前には疎いですが、友人の彫刻家のよしもと正人さんが主催をし、これまた友人の木工作家山本美文さんが道具を提供して解説をされると言うのでいかないわけにはいけません。

ヴァンフォーは日本家屋を再生した展示会場で、なかなかいい企画展なんかをしたりもしていますが、今回はいつも展示に使っている和室でのお茶会でした。

半白とは50歳のことを言うそうで、参加の作家たちが全て50歳である事に因んでいます。
半白の色は黄色らしくそれにちなんだ色合いも出てきます。

詳細は又明日書きたいと思います。

写真はヴァンフォーさんの特徴の一つ暖炉の上の装飾ガラスです。
外部から塊のガラスを通して光が入ってくるなかなかかっこいいですよね。
[20100226]
ooharabasisita001

昨日は曇りでしたが、数日間の流れを受けて暖かい一日でした。
ちょっと車を走らせて、岡山市の北東に位置する大原橋まで行ってきました。

この大原橋、本当は新しい橋が架かっていてそれに伴って壊されても不思議ではないのですがちゃんと残っています。
昭和初期に作られたと思われるコンクリートの橋です。

東よりの最後のところが鉄骨造になっていてちょっと変化が在るのは何か理由がありそうです。
因みに小部分で今はメインの流れがあります。

さて何をしに言ったのかと言うと、梅の実を取る為に多量に植えられている梅ノ木を見に行ったのです。
神崎梅林に比べるとこちらの方は白梅がメインに咲いていて、紅梅はまだ蕾でした。
古い大原橋とこの対照の感じがいいんですね。
昔を感じてちょっとノスタルジーを感じました。

そう言えば今の町を歩いてもにおいを感じることはかなり少なくなっています。
昔はそれぞれの店にそれぞれのにおいというものがありました。
薬屋さんのあの匂い。
花屋さんからは、甘い匂いもしましたが花の始末をしたときの草の汁の匂い。
魚屋さんの匂い・・・・・・等等。

ここへ来ると当然梅の香りが当たり一面香ってきます。
温かい風に乗って。
ほほを撫でながらあの頃に連れて行ってくれるのです。
[20100224]
ume001

春を呼ぶと言う西大寺裸祭りからはや4日目。

我が家の庭先にも春が到来いたしました。
小さな梅ノ木ですが数輪咲いていました。

ここに三日非常に暖かい日が続いていたので不思議は無いですが、目で確認すると嬉しい物です。
鼻を近づけるとあのほんのりと香る香りが漂ってきます。

そろそろ大原橋の下の梅の実を取る梅林もいい感じになりつつあるのでしょうか。
ちょっと臭いを嗅ぎに行きたくなってきました。
[20100221]
eyou001

昨日の夜は真言宗別格本山西大寺の会陽(裸祭り)でした。
いつもより2時間早い宝木の投下です。

酒を飲んでの参加や刺青をした方の参加を制限する為にこんなことになっています。
昔は夜中まで樽酒を売っていたりしたものですし。
倶梨伽羅悶々の人達が裸の上を歩いて殴ったりしていた物ですがそんな光景はもう見られません。

かといってそう言う方々が宝木を取ったためしもありません。
なにか世間の暗い部分に蓋をすることで健全さをアピ-ルしているように思ってしまうのは私だけでしょうか。
何か寂しさも感じてしまいます。

さてこの写真今朝の山陽新聞のトップ写真です。
この写真は良く取れていますね。
湯気が上がった大床の雰囲気が良く出ています。
中央上に宝木が落ちてゆくのが見えます。

今年も宝木を取ったのはいつものグループの方たちのようです。
やはりその気で鍛錬している人に普通の人のラッキーは通じませんね。(笑)
[20100220]
ume001

そろそろかと思いながら、神崎梅林に行ってまいりました。
吉井川河口の東側の小高い丘にある梅林です。

一番奥にある梅畑が私は一番好きです。
入り口の所からはもうたくさんの紅梅が咲いていますが、こちらの方はまだまだこれからと云う所でしょうか。
下には菜の花が咲いていてこれも一緒に見られるのがいいんですね。

実は以前からここに直接来れないかと思っていたら、とうとう発見してしまいました。
入り口を入って案内板から逆の方に行くと、神埼神社方面に出てここに直接至ります。
ここだと歩く事も無くってらくちんらくちん。(笑)

こちらも近々梅祭りが開催されるでしょう。
[20100219]
hutaba001

天満屋の京都展で今買うことが出来ます。
でも今日まで。

水・木・金と岡山天満屋七階で模様されている京都展で10時に整理券が配られて2時以降に引取りと言う算段です。
これは私の姉が水曜日朝に整理券を撮ってきたもの。

一人2パック10個まで買うことが出来ます。
一個が160円ですから1パック800円と言う事ですね。

これが本当にえもいえぬほど美味しい。
とくに豆、猿エンドウという蜜豆に入っていたりする豆の塩具合が絶妙。
中のこしあんも上品で本当の絶品とはこう云うものを言うのです。

水・木と一個ずつみんなで6個食べちゃいました。
残りの4つは冷凍に。

でも早い内になくなっちゃうんだろうなぁ~~~
[20100217]
kannonninn001

昨日ミモザを見てから、観音院も覗いてみました。

備前平野に春を呼ぶと言われる西大寺観音院の裸祭りは今週末に行なわれます。
昨日の時点でほぼ準備は出来ているようでした。

裸が押し寄せてこないようにコンパネでの覆いが出来上がっていました。

そして大屋根の下に上がる階段が全体に出来上がって、これで一挙に下まで落ちる事は無いという仕組みです。
この大屋根の下に裸の群集があふれんばかり集うのは圧巻です。

去年までは午前0時の投下でしたが今年は午後10時に前倒しになりました。
昔から見ているものとしてはやはり午前0時の方が神秘感が在ると思うのですが・・・・

さて陰陽2本の宝木(しんぎ)はこの五福窓から何処に行くのでしょうか。

kannonin002
[20100216]
mimoza001

数日前に百間川土手の脇の駐車場にあるのを見つけていました。
今日思い立って写真を撮って着ました。

そう言えば春に先駆けて咲く花は、黄色の花が結構多いですね。
梅でも一番早いのが蝋梅。
福寿草も黄色。
レンギョウも黄色。

そしてこのミモザも黄色です。

瀬戸内海に面した山の南側ではかなり多量のミモザが咲いているのが見ることができます。
そろそろ咲きそろいそうです。

このミモザ、咲くと結構変わった匂いがします。
花と臭いが一緒に来ます。(笑)
[20100215]
gurinhot001

一ヶ月遅れでやっと入ってまいりました。
本当は新春第一弾としての予定でしたがなんとその間6枚のCDが我が家へやってきております。

しかしPablo Grinjot / Rocha私の見立てどおり素晴らしい作品でした。
満足であります。

とにかくしょっぱなの曲が最高に素敵な曲です。

デュエットでリードを取るのは、ダニエル・ドゥレクスレル。(もしかしたらダニエル・ドゥレクスレルのベストワークかもしれません。)
ちょっと特徴のある声の持ち主パブロ・グリンホトとユニゾンでデュオするとなかなかこれが素晴らしい音になるのですね。
ホーミーなんかに通じる物があるかも。

ちょっとこの曲が良過ぎです。

それ以外の曲もとにかく美しい旋律が並びます。
ここでのパブロ・グリンホトの歌はどちらかというとボイスとして聴くのが良いのだろうと思います。

とにかくあのミニマルなアプローチで素晴らしいアルバムをリリースしているファン・スチュアートがプロデユースしているだけあって、そのほかのピアノやシンセやいろんな音たちが、日常を流れていく音粒のように展開します。

1920年代フランスのエリック・サティーが家具の音楽を提唱しましたが、これは現代アルゼンティン版家具の音楽といえそうな感じです。

そう言えば私はまだ買えていませんが、ファン・ステュアートファーストのシンセの作品なんかはこんな世界に分類されるのでしょう。
俄然このCDも欲しくなって来ました。
(でもこれがなかなか再発が日本に入荷しにくい。次日本に入荷したら絶対外さないで買おうと思うところです。)

しかしこのなんともいえない、日常感覚はなんなのでしょうか。
環境音楽の枠組みに入れたくは無いですね、それよりもずっとカジュアル、ホップよりなのだと思います。

そう言えばジャケットの写真は海岸にトマトが落ちている写真。
中の栞の写真もそんな海に近い家での日常が写っていたりします。

もう一つはこじつけですが、去年ダニエル・ドゥレクスレルが出した新譜なんかも海で裸で笑うドゥレクスレルが写っていたりして、何かつながりがあるようにも思えますね。

続けて聴くとどうかななんて今思って居るところです。

Pablo Grinjot のMY SPACE
[20100212]
uguisumoti001

そろそろだとは思っていたのですが、昨日母が買ってきました。
この時期にはぜひとも食べておきたいものです。

鶯餅。

正月の花びら餅が済むと次に出てくるのは椿餅、その後といえばこれなんです。

柔らかいギュウヒに包まれるのは粒餡です。
それにきな粉が振ってある。

春の待ち遠しさをいやが上にも高めます。
庭の梅ノ木はまだ固い蕾のままです。

3日続きの温かい雨に誘われてそろそろ開花するでしょうか。
それにしても鶯が梅ノ木で鳴くまでといえばまだまだ先の様子。

鶯ではなくて同じような色の鳥ではめじろが顔を出しそうです。

朝方にはそろそろ山の食べ物が少なくなったゆえんか鳥の声を頻繁に聞くようになりました。

鶯餅は表町芭蕉庵の品。
乗せているのは仁城さん(岡山県北の漆作家で藝術新潮の「そろそろ漆」で紹介されていました)の漆の作品です。
[20100210]
kurisumasu002

今日はここのところと打って変わって温かい雨の降るいちにちとなりました。

備前平野に春が来るといえば、西大寺の会陽ですがまだそれには時間があります。
でもこの感じは3月下旬の感じですよね。

私も昨日とは打って変わって俄然元気が出てきて庭でうろついてみました。
やはりこの気温でもまだクリスマスローズは蕾のままですね。
小さく固まっている感じ。

今週末は又もとの氷点下の朝が来そうなのでこれが正解なんでしょうけれども。
[20100209]
huranneru001

もうガッツリとやられてしまいました。
昨日から下痢気味だと思っていたら、夕飯時には吐き気を催して、そして夜には発熱が・・・・

別に何も悪い物は食べていないのにね。
たぶんこれはノロウイルスのせいに違い在りません。

こう云うときは十分に発熱させないといけません。
発熱する事によってウイルスが退治されるのです・
間違っても熱さましなど飲んではいけないのです。

昨日の朝から妻は同じ症状を訴えていて、その時の下着やパジャマの世話を気軽にしてしまったのがいけなかったのでしょう。
その後ちゃんとミューズ石鹸で手を洗って置けばよかった。
悪い事にそのまま朝食も取ってしまった。

妻は前日クレームおばさんの毒気に当てられており、その方も下痢だといっておられたそう。
彼女はストレスをかなり感じたらしく私にぼやく事しきり。

結局おばさんもノロウイルスにやられていたって言うわけですね。
そんな状態でつば吐きながらクレームされる店員も大変です。

写真は庭に何気にあったフランネル草の苗。
5月にはマゼンタ色の綺麗な花が見られるかなぁ。
[20100207]
se-ta-001

数日前、にリサイクル衣料のショップキングファミリーに行って来ました。

ここのところ良い物が見つからなくて何時も見るだけの人になっていましたが、ちょっと欲しかったセーターに出物がありました。

しかし家人はショップカードを忘れていて、50パーセントOFFなのに適用されないという。
如何しても見逃したくなかったので、私も会員になって50パーセントOFFでゲットすることに。
(会員になるのに100円掛かるんですよね)

多少ももけた感じはありますが、これを着ただけで本当に暖かく感じます。
よく見るとCOM CA DE MODEの品です。
チャコールグレーが私のごま塩頭に良く似合います。

家人曰く、「フェルトで作ったぬいぐるみかお前は!!」
確かにそんな感じはありますです、ハイ。
チクチクと針で刺して造るんですよね。(笑)

私はこの首周りのデザインが気に入っているんですよ。

980円の半額で楽しんでおります。
[20100206]
hiyasinsu001

今朝の気温はー1度。
という事はこの冬一番の冷え込みではなかったということですね。
でも本当に空気が冷たかった事。
たぶん湿度も在ったのでしょうね。

7時くらいから白い物もちらほらと舞っていましたが、直ぐにやんで青空が見えてきました。
こうなると気温もどんどん上がってくるという物です。

さて久々に庭を覗いて見ると春の足音も聞こえてきそうです。
ヒヤシンスや水仙の新芽が土を掻き分けて頭を出しています。
ちゃんと植えたのはナルシスという水仙だけで後のヒヤシンスは寄せ植えに使った残りを適当に突っ込んでおいた物です。
それでもちゃんと春には花を持とうと頭をもたげてくる。
小さな花芽の今後を楽しみにしたいと思います。
[20100204]
hatuyukikazura001

昨日は節分。
季節の変わり目です。
だから本当は4つ有るはずなんですね。

季節の変わり目には魔が入りやすいのでそれを払うためにお払いをします。
それがちゃんと残ったのが春の節分。

この頃ではこの日に恵方を向いて無言で巻き寿司を食べる習慣が出来てしまいました。
我が家は昨日は手巻き寿司にして、穴子の巻物を家族分作ってそれにかぶりつきました。

今日から新春な訳ですね。
中華街では春節のお祭りで賑やかになっている事でしょうね。

我が家の初雪かずらはまだまだ冬姿。
真っ赤な姿でじっとしています。
[20100203]
reko001

昨日は夕食を食べた後、大学の同窓会の幹事会に行ってまいりました。
何時も集まりは何か趣向があって今回はレコードを持ち寄って聴こうという趣向でした。

私も5枚ほどもって行きました。
イヴァン・リンス、シモーネ、トッキーニョ、・・・・
久しぶりに聞きましたが今でも聴くに堪えうる音源です。

それより本当に今でもお洒落。
28年前にもはやこんなのを聴いていた私って!!

さて私のMIXIのマイミクななのZZさんは蓄音機とSPレコードを持ってきた。
これはインパクトありますね。
多少回りで話が盛り上がっても良く聞こえてきます。

しかし音程がふらついたり早くなったりが気になってしまうのは如何してもいけませんね。(笑)
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる