インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100331]
13014

牛窓 SEA RANCHの基本的な考え方は、まず必要なボリュウムを虫かごを作るように構造体設定するをすることから始めています。

それに小さな箱を挿入する感じで、見えない方がいい場所を設定します。
それはトイレであったり浴室であったりします。

そうして内部の要求から窓を設定しながら外皮を貼っていきます。

2階は見えてはいけないプライベートの開放感を目指した為にそれをつなぐ場所が箱状になっているのです。
階段とホールとそれをつなぐ間室ともいうべき場所を、展示空間にも使用できるようなイメージを持ちましたので壁の出来る場所に照明器具を持ってくることを考えたのです。

そこでこの設定された箱が意味を持つようになったのです。

33ミリの合板で出来上がった箱のいつか必要になりそうな部分に丸穴を設けてそこにランプを入れる。
これで自由照明の出来上がりです。

このやり方はもっと発展させられそうで現在検討中です。
[20100330]
asahigawa001

今日は穏やかな天気になりましたね。
朝は少し冷たかったですが、昨日までの風ぴゅ~ぴゅ~ではなくて、そよそよです。

丁度旭川の近くを走ったのでちょっと車を停めて川のそばまで下りてみました。

ここから北側が私が岡山の湖水地方と呼んでいる場所です。
鴨が泳いでいたりして本当にうららか。

菜種の花ももう咲きそうです。
特徴的な潅木も新芽が出てきて薄緑になってきました。

気持ちのいい風が川面を渡ってきます。
[20100329]
musukari001

ここのところ雨が降っては風が強い日が続いています。
ちょっと冷たい風が音を立てて通り過ぎてゆきます。

まだサクラは開花宣言は出てもどんどん開くと言う感じでは有りません。
懸命に小さな蕾を閉じて「まだ開かないぞ!!」っとがんばっている感じでしょうか。

さて我が家の庭にはムスカリがむくむくと上がってきました。
毎年100個くらいの球根をコンテナに植えていたんですが、今年はちょっとお休みしています。

それでも放っておいた植木鉢からむくむくと・・・・・・

結構いい匂いが漂うものですが、例の強い風でそのにおいも何処へ行ったやら。
[20100328]
buntan001

一週間前にここに書いた文旦。

食べずに眺めていました。(笑)

そろそろしぼんでくるかもしれないと思い、本日えいやっと切れ目を入れて、剥いてしまいました。
ほんのりと甘酸っぱい。

八朔よりも少し甘さが多い感じがしますね。
朝ごはんの後にいただいてしまいました。
[20100326]
sora005

久々の晴れになりました。
何と3日間雨が降っていたことになります。
昨日は母の実家の墓参りをかねて関西方面に行ってまいりました。

ちょっと意外な事でした。
3時のおやつを食べにこのブログでも紹介した、芦屋のメゾン・アンリシャルパンティエに行こうと思ったのですが・・・・

国道二号線を大阪方面に走らせて芦屋を過ぎ、夙川??(えっ!!)西宮(行き過ぎてますね・・・・)
ちゃんと見ていたはずが無い!!
もう一回逆戻りしてそれらしい場所を探す、BMWの前だったと言う妻の記憶を下に探すと。

有りました!!それらしい場所が・・・・
でも更地になっています。
あんな大きくてゴージャスな建物が跡形も無くなくなって、白い鉄板の仮囲いがしてあって、建築計画のお知らせがしてあります。(なんかマンションぽい)

そうですこのお店閉めちゃったんですね。
帰ってパソコンで検索して初めて知りました。
2005年にオープンして2009年3月22日に閉店しています。
私は2009年の二月の末に行っているので本当に閉店前のひと時に行っていたみたいです。

たった4年ほどしか存在しなかったわけです。

芦屋で車が停められて美味しいケーキが食べられる場所としてインプットされていたのに残念です。
又別の場所を探さなくては・・・・・
[20100324]
12014


玄関の周りには設計において気を付けなければならないところが集中します。

まず第一に靴脱ぎの高さをどうするか。

バリアフリーを考えるならゼロにするのでしょうが、普通に考えるのなら25cmから30cm。
これは上り框の台の上に座って靴を履くのに最小限の高さです。

これより大きくすると上がり降りにちょっと力が要ります。

また小さくするとお腹がつかえて折りたたむような感じで靴紐を結ぶのが大変になります。

段差をゼロにするなら、靴履き用のベンチを計画するか椅子が置けるくらいの広さにするかが必要だと考えます。

またこの段差を利用してその下に履物を隠せる場所を設けるとなかなか便利。

靴箱の下を開けておくのでもいいですが、ちょっとした来客の時普段使いの履物を隠す場所にもなります。

写真は西大寺中三丁目の家、かなり理想的にいろいろできている玄関です。
その他の注意点は日を改めてお話したいと思います。
[20100323]
agusutin001

昨日の帰りの車に乗ってからぽつぽつと雨が降って来ました。
今日は朝から温かい雨が降っているようです。
そして私のCDプレーヤーには今3月の雨が掛かっています。

CDジャケットの裏には昨日かいていただいたコメントが有りますが、正確にはなんて書いてあるのかはわかっていない。
でもあの熱い気持ちは伝わってきます。

そこにいた人達みんなあの熱い気持ちが伝わったのでしょう。
終演後あの場所にいた半分くらいの人はCDを手に取ったようです。

こんなことは初めて、CD屋さんの奥様もCDを手にしておられます。
たぶん今までCDを持っている人も未聴の音源を手に取らずにいられなかったのでしょう。

そして彼は丁寧に一人ひとり名前を聞きながらサインをしていく。

最後ににぎった手が私の手をしても大きく感じたのは、不思議な感覚だった。

あのコンサートの素晴らしさを言葉にするのは無理だろうと思う。

とにかく日本で、日本の聴衆の前で演奏したかった彼。
そして彼の演奏を眼の前で聴くことを熱望していた我々。
そんな気持ちが渾然一体となった音空間だった。

オープニングアクトを勤めた中島ノブユキさんとのデュオでは双方が気を使いながらも心を込めて会話しあう姿に嬉しい気持ちになった。

最後にリクエストを聞く彼。

なかなかCDはいつも聴いていても曲名まで覚えてはいない。
それにみんなシャイで直ぐにはリクエストは出てこない。

敢然として男の方がリクエストしたのは[HACE POCOS ANOS]。
メインの楽器がサックスの楽曲。
それでもリクエストした彼に口三味線でサックスパートを促すと、それにのって歌い始める。
なんともほほえましい素敵な演出まで加わったコンサートだった。

彼を招いてくれた西村秀人さんタニィ TANNYさんご夫婦。
あなた達が寄せるアグスティンへの思い、アルゼンチン音楽への深い思い。
その心が柔らかく伝わって来ました「ありがとう」。

そしてアグスティン・ペレイラ・ルセーナ[Agustin Pereyra Lucena]ありがとう。

私は昨日買った[Mirandas]の3月の雨を聴きながら昨日の余韻に浸っています。

agusutin002
[20100321]
mokuren001

昨日の夜から風が凄いです。
グオォ~グォ~~と吠え掛かるように吹いています。

朝には黄砂がやってきてあたり一面霞んでいました。
この風にあってあの霞みようだとよほどたくさんの黄砂が降ったことでしょう。

午後になっても依然と風は弱まってはくれないようですが、黄砂はいなくなった模様です。
空は以前の真っ青な空が戻ってきました。

写真は私の好きな木蓮の様子です。
柿で有名な沢田地区は岡山の里山の典型です。
たくさんの花たちが今咲き誇っています。
白ピンク赤黄色。

そして今一番美しいのが乳白色の木蓮です。

山の中にボカァ~~ンと白く咲いています。
[20100320]
buntan001

母が知り合いの方から貰ったらしい。
文旦ってたしか皮が異常に厚かったと思うのですが・・・・・
でも食べると甘いんですよね。

昔よく貰ったのにザボン漬けという砂糖菓子があったがそれとは違うのでしょうね。

そう言えば昔駅のキオスクでよく文旦飴を良く買った。
似たもので兵六飴と言うのもあったが結構好きなアイテムだった。

これは飴とついていても餅菓子な感じ。
にちゃにちゃさせながら食べたものです。
そこはかとなく甘くて美味しかった。

今でも売っているのでしょうがトンと食べなくなってしまった。

旅行には冷凍みかんと文旦飴だったのに。
[20100318]
sakura002

今日は彼岸の入りですね。
普通はこの日にお墓参りをすると、お彼岸の最終日にも行かなくてはいけないそうです。

今日は妻が風邪引き発熱の為,お昼御飯は一人で食べなくてはいけないのと、母も1月前の肺炎騒ぎで今回は行かない事にするそうなので、仕方なく一人で墓参りツアーに行ってまいりました。

と言う事で今日行ったからと言って最終日までは私は行かないのです。(キッパリ)

最初の私の本家の西大寺蛸干山のお墓でお経を簡単に読み終えた所でぽつぽつと雨が・・・・・
そんな予定無かったよぉ~~!!
でも続いて妻の実家の父方と母方の二箇所もちゃんと制覇。

母方の山の手前の山門の所には毎年の彼岸桜が丁度美しく咲いていたのでした。(写真)

ここでは母方の菩提寺の本行寺の娘さんに偶然お会いしたりして・・・・
結構偶然ってあるものですね。

さて自分へのねぎらいに華屋で本日のランチをいただきました。
おこげランチ。
さすがに美味い!!!!満足!!!!
[20100317]
kyoubasi001

川の氾濫が起こるたびに河川は改修されていきます。
そのたびに人間は水から遠ざかるようにされてゆくのです。

そんなことを思い起こす事さえ無くなっていくのが結構さびしかったりします。
もしかしたら本当に自分自身昔の水と人間のかかわりの様子を見たことさえも無かったのだろうか・・・
と思ってしまうことさえあります。

昨日岡山市立中央図書館に向かう時旭川の河川敷でその名残を撮影してきました。
そのほかにも以前は水面に面していたであろう石積みで出来た出入り口があったり、雁木があったり。

でも実際には現実に使われている姿を見ないとピンと来なかったりします。

これはこの上に柱が立っていてそれで家がその上に建てられていた名残だと思います。
水面にせり出した場所は何といい雰囲気をかもし出していた事でしょうか。

新しい建物はそんなことを感じさせることも無くて無粋に建てられています。
寂しいのは私だけですね。(笑)
[20100316]
kosa-ji001

相変わらず風邪が治らないで日記もままならないでいますが・・・・・

昨日は私が教えに行っている専門学校の卒業式で夕方より謝恩会が催されました。
卒業式はいつもパスしていますが、謝恩会の方は必ずひと時ほど参加しています。
3年間過ごしてきた彼らともう最後のひと時になるかもしれないので、ちょっとしたお話が出来ればと、柄にも無く説教爺になるためです。

さすがに日頃と違って馬子にも衣装の彼ら。
急に大人になったように見えるのは、その性だけでしょうか。

何を言ったかって?!

基本的には私が設計の授業で感じて欲しかった事なのですが・・・・

それでは皆さんにもお説教を!!(笑)

今日の日は昨日との連続であって、それは明日も何事も無く続いてゆく事。
だから何があっても普段の努力を怠らない事。

そしていつも何が自分にとって一番大切かを考えて物事を決める事。

そしてその一番大切なものが、どういう自分のあり方を理想にしているのかをちゃんと見定めている事。

ここをいつも見つめる事、見つめなおす事、そのことが自分自身をフラフラさせない道だと言うこと。

それがいつか太い幹を作ること。

これは設計の作業には絶対に必要な事だと思っています。

と言いながら人に言う事で自分自身に言い聞かせてもいるんですがね。(笑)

旅立つ君へ・・・・よき人生を!!

[20100313]
11013


先日友人の求めに応じて、今度引越ししたい家の様子を見に行ってきました。
ちょっとモダンな造りをしていましたが、問題点が一つ。

一階の吹き抜け部屋に隣の家から1メートル程度しか離れていないのに、テラス4枚戸3メートルが設置されているのです。

これでは湿気は抜けないし、日もあたらない。
隣の家はリビングの窓辺りになるらしい。
こんな窓は百害在って一利なしです。

夏にはじめじめしっぱなし、冬には窓からの寒さがシンシンと底冷えを感じさせます。
出来上がったときには隣の家が無くっても、隣の境界から離れていない窓はその隣が公園でもない限り、近いうちに家が建って何の意味もなくなることを常に認識しておくべきです。

こんな設計を持ってくるやつは到底親切な設計士とはいえません。
少なくとも30年窓が有効に使えるように計画すべきでしょう。
今の現状だけで決めるとひどい眼にあいますよ。

さて写真は、東岡山線路脇の家の二階のテラス窓。
アールの壁面を生かすように設計しました。

写真を撮った時はまだ手すりが設置されていませんでしたが、今はスティールのフラットバーのかっこいい手すりが付いています。(笑)

此処からは用水が見えて朝日の登る山も望める。
たまたま他の建物も見えないし覗かれる心配も無い。(たぶん30年は保障付き)
布団も乾せますね。
[20100312]
nosepole001

一昨日の夜から何かいやな感じがしていたのです。
足は暖かいのに胸の辺りが寒い。

それに節々が少し熱を持ってきているような・・・・・
朝になって熱が出ている事が判明。
このまま寝ていたら直ると思っていたのですが、母や姉が近くの野田医院に行けとしつこく言う。

仕方なく行く事に。

野田先生からは「寝ているのが正解ですね。」って言われました。
まあ来たんだから薬だしときますよって。
「まあ今日これからが一番熱が出るでしょうからそのつもりで。」

帰ってきて薬飲んで寝てました。
さすがに夕方あたりは顔も火照って非常に熱かったです。

やっと今朝になったら平熱近くまで戻った模様。
寝ていながら「あぁ~~あ疲れた!!」
[20100309]
yuki001

数日前とは打って変わって雪が降っています。

と言ってもみぞれ交じりと言うのが正解かもしれません。
急に昨日から寒くなったと思っていたらこの状態です。

でわたし達の年代は必ず思い出す歌。
あれは高校三年生のときだった。
かぐや姫の[三階建ての歌]に入っていた二曲は忘れる事ができませんし、それこそレコードが擦り切れるほど聴いたものです。

特に「なごり雪」はこれから東京に大学生活を送る事を決めていたものにとって、甘酸っぱい世界の入り口としてなんとも早タイムリーだった物です。

そしてその詩の世界がまた心を揺さぶった物です。

「動き始めた汽車の窓に顔をつけて、君は何か言おうとしている。」
「君の唇がさようならと動く事が」
「怖くて下を向いてた。」

この情景的な描写。
今の歌には無い世界ですね。

直接嬉しいとか悲しいとか辛いとかの言葉は聞こえても。
それ以上の言葉が聞こえてこない。

この詩からは微妙な心が映し出されてそれがダイレクトに伝わってくる。
やはり情景的なのがいいんでしょうね。
[20100308]
toumeikan001

昨日は毎年行なわれている武蔵野美術大学校友会岡山支部の春の公例会「吹きガラスの会」が西川原のグラススタジヲ透明館で行なわれました。

この会は別にムサビ出身者である必要はないのです。
ちょっと興味があったら覗いていただけると誰でも参加できます。

それにいつもこの透明館で開催している体験会よりも若干ではありますがお安くなっています。

さて私はというといつも通り昼食後にお邪魔しておしゃべりにうつつを抜かす。
自分ではやらないんですね。

ごみを増やすのがいやなんですね。(笑)

でも参加者の作品はなかなかいいですよ。
それは殆ど手取り足取り有松啓介君がつききりで造るの助けてくれますから。

毎年来て一つずつ増やしていかれる方もあったりします。
[20100307]
14291


扉を建具工事にして、本体を大工工事にすると比較的安く収納を作ることが出来ます。
建具も引き戸・開き戸など殆どどんな形式でも可能です。

大抵の場合大工工事で作るのは押し入れどまり。

でも難しい引き出しなんかだってこの間見学したIKEAのオープン部品を使えば簡単じゃあないですか。

ステンレスの網籠だって、パイプハンガーだって自由自在に使えます。
箱の使用材をランバーコアという3cm巾の合板を使うのがポイント。

部屋にぴたりの壁面収納が出来ますよ。
(写真は、玉島柏島の家 の2階収納)
[20100306]
reko001

私が初めてラテン音楽に興味を持ったのは中学生の頃でしょうか。

4時過ぎに学校から帰宅してテレビを付けると綺麗なおねえさんのスティール写真がかわるがわる写っていて、そのバックグラウンドに流れていた曲が本当に素敵だったのです。

とにかく目が釘漬にされたのでした。

たぶんそれはセルジオメンデスの曲だったのだろうと今ではわかるのですが、その時は当時はやっていたヨーロッパ系のポピュラーオーケストラのものだと思ったのです。
そう言えばこの頃は空前のヨーロッパ系ポップスオーケストラの全盛期。
私のその頃好きだった小林麻美が出ていた4姉妹のドラマのバックにはレイモン・ル・フェーブルオーケストラの[アドロ]なんて言う美しいラテン曲もかかっていたっけ。(話がそれてます!!元に戻す!!)

ビートルズのフール・オン・ザ・ヒル。

友人に話すと自分はそのアルバムを持っているという。
早々に借りて聞いてみると、うる覚えの頭に沿うような感じで「あぁそうだよね!」と思わせる感じです。
彼が持っていたのは、パーシーフェイスオーケストラのビートルズとバカラックの特集が二枚一組になったものでした。

これはこれでかなり気に入って返却するのも忘れて聴き込んだものです。
特にバカラックの<サン・ホセへの道>なんかかなりお洒落でまさしく「これだぁ~~!」と思わせたものです。

そしてやはり元のビートルズのフール・オン・ザ・ヒルを聴きたいと思いFM番組を待つのでした。
その頃はNHKFMで頻繁にビートルズ特集をやっていましたので直ぐに聴く事が出来たのです。

しかし私の感想と言えば、これはあの世界とは「違う!!」と言う感じでした。

確かに良い曲でしたがあのお洒落感が無い!!
でもビートルズな友人たちは「やはり本家のフール・オン・ザ・ヒルは最高だよな」などとのたまわります。

今にして思えばビートルズの曲はラテン諸国でも大人気であらゆる方たちがカバーしていたんですね。

結構いいヴァージョンがたくさん在ります。
ミルトン・ナシメント然りジョイス然りペドロ・アスナール然り・・・・・
トッキーニョのライブ盤で聴かれるビートルズメドレーのギターなんて今聴いても素晴らしいお洒落感です。

あぁしかし、なんてラテンな奴っちゃろう。

(写真はその当時買ったパーシーフェイスグランドオーケストラのビートルズ特集のLP.ちなみにバカラック特集は見当たらなかった。)

Sergio Mendes and Brasil '66-Fool on the Hill
[20100305]
tososaku001

お昼お食べに中庄川崎医大の東にある「とも作」に行ってまいりました。

「とも作」と言えばとも作ブッカケなんですが、今回はちょっとイレギュラーにしました。
醤油うどん+炊き込みご飯。

このうどんのつや、てかてかですね。(笑)
エッジが立っていてなかなかやはりうどんだけで美味しいです。
シンプルな醤油が又いい感じ。

さてその後、早島に移動をしていかしの屋にて骨董展を見学。
いや、当然販売もいているんですがね、なかなか良い物が揃っておりました。
それ故値段もそれなり。
もう無くなっているんでしょうが伊万里の染付けのそば猪口が2万1千円。
なかなか手は出せませんね。

ここまで来たら、今シーズンまだ戴いていない天城の藤戸寺のまん前の「鯛よし」へ。
茶屋町あたりの道がかなり整理されていて道順間違えてしまいました。

結局雨にも拘らず20分待ち。
でも焼き立てをいただける至福の時間。

美味い!!!
[20100304]
tityouge001

先日はサクラの香りについて書きましたが、本日はついでと言っては何ですが沈丁花についても書いておきます。
サクラが早すぎる性でしょうが、沈丁花が一緒に咲いていることは極めて珍しいですね。

だいたい沈丁花が済むとサクラが咲く感じです。
今はこの二つの香りが二重奏状態です。

まあ一緒にに混じった香りなどというものは存在しませんから、サクラの香りかと思えばちょっと移動すると沈丁花が香ってくると言う状態です。

もしかしたら梅ノ木のそばによると又梅の香りまでしてきて三重奏かもしれませんね。(笑)

今日は朝から小雨模様で落ち着いた空気の中で香りを楽しむ事ができました。
[20100302]
sakura002

我が家のサクラが早くも咲きました。
例年に比べても10日ほど早いように思います。

ちなみに我が家のサクラはサクランボの出来る品種なので染井吉野より二週間ほど毎年早いです。
さて今咲いているのは2本の内の一本。

こちらの木の方が大きくて甘いサクランボがなります。
近くによって鼻を寄せてみるといいかおりが香ってきます。

周りがパット明るくなったようです。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる