インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100829]
mutumi001

今まで何度か行って休みでお預けを食らっていたむつみ製麺所にやっと行く事が出来ました。
結構大きな事業所の跡地を使って営業しているのですが、入ってみるとほんの一画を使用している感じ。
この会社の社員食堂かと間違える感じです。
さてシステムは、給仕とかたずけだけセルフの半セルフ。
殆ど造ったものを番号順に渡してくださる。
3人ほどの女性でやっているようです。
さてメニュウは1玉・2玉・3玉にランク付けされています。
冷掛なんて言うメニュウもありましたが、麺の感じが直ぐ解る生醤油うどんの1玉を注文200円です。
トッピングは葱・揚げ玉・カツブシ。
何かこそっと入っている感じ。
ちょっと少なめですね。

さて麺の感じはなかなかこしが有ってプリプリしていいですよ。
ちょっと薬味の生姜が臭うかなぁ~~!

まぁ及第点でしょう。

さてちょっと足りないので掛1玉を追加注文\150。
量の感想は同じ、トッピングも同じです。
それにしても出し汁が少ない!!
この辺がちょっとなぁ~~~。
たっぷりの出し汁で食べたかったのに・・・・・・

出し汁のお味はこれは香川の正当な炒り子出汁です。
一般的にはこれのほうが評価はいいんでしょうが、やはり香川と比べた時にはあちらに軍配が上がっちゃうんでしょうね。

只メニュウに野菜たっぷりの冷汁をかけたものも在ってこちらはもう一度チェックが必要かと思ったしだいです。

mutumi002
[20100827]
ebioko002

このくそ暑いのに、この時期になるとソワソワしてしまう私。

瀬戸内の小さな漁港はこの時期ガラエビの収穫とそれを干すのに大忙し。
たくさんのがらえび屋さんが街道沿いに並びます。

そしてお目当ては、このくそ暑いのに、鉄板の前。
そのガラエビをふんだんに使ったエビオコとエビのそば飯(どちらもエビ増量)

このだしに使ったり向いて酒のつまみにするとめっぽう美味いガラエビを生のまま大量に使用してのお好み。
てまの数だけ美味しいです!!

お姉さん曰く。
「一度冷凍したら駄目なんよ!!」
その言や由!!
とにかく味の濃いホクホクのエビを堪能する・(ウマウマ)

その後海辺のカフェはないかと探してみるが結局いい佇まいの店はなし!!
赤穂岬温泉の小さな湾に面した駐車場に降りる。
太陽高度はどんどん秋の風情を出して入るが眩しさだけ残して、暑さは変わらず。

あぁ!!今年もエビオコいただけました。(感謝)

akou001
[20100825]
tanuki001

久しぶりに水道局の南にあるたぬき屋に行ってきました。
以前はうどんというとここに通っていたほど。
2年ぶりくらいかなぁ~~!!。

たぬき屋のブッカケが食べたくなったんですね。
00円ですか!!
ちょっと来ぬまに値上げされていました。
これでは値段設定が一般店とは変わらないではないですか。

まぁそれでも圧力鍋を使った麺はぴちぴちツルツル。
連島のごぼうのてんぷらをひとつつけました。

やはり美味い!!
[20100823]
yokusitu001

浴室の窓だって色々と考える事はあります。

浴室自体のカビの問題を優先する事から昔から窓は天井近くに設定される場合が非常に多い。
でもそれだけではもったいないですね。

天窓を作っても降り注ぐ光の中でのシャワーは気持ちいいだろうし。

浴槽の直ぐ上に窓を作って庭を眺めながら入浴するのも楽しいでしょう。

また庭に出入りするテラス戸やドアを作るのもいいでしょう。

さて写真は西大寺中三丁目の家。
窓の向こうは木製デッキ。

手前にはプランターボックスがあって、くちなしの花が植えて有ります。
6月頃子のお風呂はくちなしの良い香りに満たされます。
[20100820]
reko-do001

ここのところ暑くって日中にCDプレーヤーを動かす気になれません。

やはり夜になって日が落ちてエアコンの効きがよい夜にはCDの繊細な世界には惹かれますが、この省エネを目指す日中にはいかんともしがたい。

そこで思い出したのがレコード。
これならいけますね。

CDに比べて精密感が少ないからなのかなぁ~。
とにかく聴きたくなったら自然とレコードかけている様子。
当然30年近く前のレコードを引っ張り出しているという事。

あの暑い夏の日国立のアパートで一人、熱い空気を学校でかっぱらってきた、古い扇風機で空気かき回しながら聴いていて曲の数々。
このシチュエイションで聴くとかなりグッと来ますね。(笑)

スパイロジャイラ、レイ・ケネディー、フォトグロ、ジャバン、パット・メセニーG・・・・
自分用に「波の数だけ抱きしめて」の映画のサントラ作りたく成っちゃう感じです。
本当に今聴いても全然違和感が無いのはどういう訳か。(これって年取った証拠?!)

で今日の一曲目に選曲したのは、あの頃吉祥寺のレコードプラントに足しげく通って探しまくっていた、イヴァン・リンスの中から[Depois dos temporais].
ひざから上のリンスと虹がレイアウトされたジャケット。
結構名曲が入っていますね。

さてこの後は、ミルトンのライブまで行こうか、それともマリア・クレウーザでしっとりしようか!
[20100817]
mugitya001

立秋をすぎたといわれながら、この暑さはなんなのでしょうね。
暑い暑いとは言いたくは無いものの・・・・・

こんな日には勢いこの飲み物をがぶがぶといっちゃいます。

ビールかって?!

私どういう訳かビール嫌いなんですよ。
昔学生時代ビールの問屋さんでバイトをしたことがあって、そのときの気持ちの悪い腐ったビールの匂いがグラスを近づけるに連れて蘇る。

そう言うことで私が飲むのは麦茶です。
そしてこのコースターがお気に入り。
バリ・ジャワ旅行の最後にデンパサール空港で買ったものです。
あの頃珍しかったバリのアトリエブランドの品です。

これにグラスを置くといかにも涼しい風が漂ってくるよう。
まだまだばてたなんては言いませんよ!
[20100815]
sanyoudou001

久しぶりに倉敷に行ってまいりました。
7月19日に行けなかって以来です。

名古屋からMIXIのマイミクさんが来られて、軽く観光をということで。
車を走らせていると、この光景が甚く気に入られたよう。
停まって写真が取りたいとご所望。

お客さんなんで、美観地区の一番近い所に駐車。
値段見ときゃあよかった。
何とこの時期20分200円と言う法外な値段。(きゃぁ~~!!)

さてこの場所岡山の方なら誰でも知っている、古道具屋の山陽堂。

はいってオーナーと話していると、私が後楽園橋詰にあるギャラリーヤブキで買った、厚さ2センチの屋久杉一枚物の長持の側板の事を覚えておられて、「あのヤブキさんのお客さんなら、うちの駐車場に停めてそこら見てこられりゃあええのに!!」って。

ちきしょう!!
先にここの駐車場に入れるべきだったか!!

さてこのオーナーさん近々隣の屋根も借りてビクター犬をのせる計画をしておられるよう。
「とにかく101匹にするんじゃぁ~~」って。

でもこれってダルメシアンじゃあないよねぇ~~~!
[20100811]
12020

玄関には色んな要求が集中します。

下駄箱は必修ですが、それもパイプを使ったハンギング式のブーツ掛けが付いていたり、100ミリ間隔で棚板の金だダボが打ってあったり(普通の靴なら200ミリあれば十分、後は100ミリ間隔で調整する)部屋履入れも計画するといいです。

さてその他でも、引き出し、これはシャチハタヤボールペンなんか入れておく。

またコート掛けまで設定できるとベストですね。

そしてこれが今回のお話の目玉。

小さな倉庫まで付いていると本当に便利です。
ちょっとおきな物で、戸外で使うもののもろもろを入れておけると非常に使い勝手が良くなります。

まあこれは計画によりますから何時も出来るわけではありませんが、出来るなら積極的に作りたい物です。

写真は「西大寺中3丁目の家」丁度階段下になる収納が非常に便利です。
[20100809]
yuuyake004

数日前より、太陽光線の感じが変わりつつあります。
少し太陽高度が下がって、色が黄色になった感じ。
それにしてもまだ強い光線なので、暑さは変わらない。
そんなことをふと思っていると、夜にはそよそよ冷たい風が吹いてきたよう。

夕焼けも良い感じで焼けてきています。

庭ではクマゼミに変わって、今日からツクツクボウシに変わったようです。
[20100806]
onodatisyo001

イヤァ~~暑い厚い!!
とにかく朝から暑い。

気になっていた番町のお店の寄せ植えを見に行く。
いけません!これはいけません!

フクシアが枯れてきてるじゃあないですか。
それに平皿に植えていたダブルのゼラニウムもいなくなっている。
ついでに暑さにはめっぽう強い、イソトマも青息吐息。

これはプチ植え替えしなくっちゃぁ~~。
急遽タイムに行って物色。
モナラベンダーとアンゲロニアこの2つは暑さには強い。
ついでにアメリカンブルーも4苗かっていざ植え替え!!

ふぅ~~!!何とかなったか!!

さて一日の終わりに夕焼けでも見るかと御野立所へ行ってみる。
以外にも雨がぽつぽつして、雲も今日は厚い。
じゃあザァッツと来るかというと差にあらず。

只蒸し暑いだけ。
暑い暑い!!
[20100804]
panda002

さて一週間後、裏の東自動車の兄ちゃんがシフトの図解説明図を持ってやってきて、部品が手に入らないと申す。
それじゃあってなもんで岡山でラテンな車の部品を扱わせたら随一のジャッロガラージュさんに連絡を取る事に。
ジャッロさんからは「パンダ45の部品ならビアンキA112の共通部品かなんかで出てきますよ、明日には在庫確認しておきます」とのこと。

でぇ~~次の日連絡を取ると、「三箇所に連絡したんですが・・・・・」「一箇所はパンダ45の部品は解らない。もう一箇所はA112もそれらしいパンダの部品も欠品中。もう一箇所はまだ何も連絡が無いです・・・・」シィ~~ン!!

どうすべぇ~~~~!!

ジャッロさんは「まあイタリア車の部品は別の車との共通部品で出てくる事も多いんで、絵でも描いてFAXしといてください、それに似たもの探しますから。」と陽気にいわれる。

本当にちゃんと治るんかいなぁ!!

とにかく写真でも撮っておいて、シフトの図解もつけて送ってみるかと裏の兄ちゃんと相談して写真をとていると、残っていた部品が外れたらしくそれを見ながら兄ちゃんが言った一言。
「この部品ならもしかして送ってきた奴じゃあないじゃろうか??」って。(ヘェッ???)

結局、部品は送られてきていたのに、その部品がどうやってつくか解らなくて、別の部品があると勘違いしたよう。

私はといえばすでにネットで部品を見ていたので、直ぐ「アッ!!それそれ!!」とわかる始末。
ちなみに一個630円という値段さえも覚えているくらい。
(でもサイトで見たのはパンダ45のものではなかったのでちょっと不安でしたが。)
結局この系列の車は全てこのプラスティックブッシュを使っているよう。
何とか事なきを得た今回、とにかく部品切れにひやひやします。

panda003

しかし今回のシフトリンゲージ抜けでサイトで見つけたブログ
A112での事ですが、シフトリンゲージを再利用してプラスティックブッシュを使わずに、ピロボールで改造する物、24000円で作っているみたいです。
これをつけるとシフトフィーリングが一変してカチッカチッって入るそう。
それにこのシフトリンゲージ抜け永久にを解消できる。(素晴らしい!!)

パンダ45のシフト改良にも興味を持っておられるみたいで・・・・・・

ウモモモモモモモモ・・・・・・・ぅ!!!!
[20100803]
kabe001

住宅の設計をするとき、つい忘れがちになるのが、重要な要素な壁です。

皆さん開口をどうすると言う話は良く聞きます。
でも開口と同じように壁も重要なのです。

解き放たれた心は、いつか帰ってくる場所が必要です。
そのとき囲まれた壁と言うのが意味を見出します。

そんな事だけでは無くて、ただ絵を飾ったり。オーディオを置いたり。
お気に入りのチェストやテレビを置く場所だって必要。

それ一つ一つに役割を持たせる方法も在りますが、何気ない壁が色んなシーンを想像させ、変更させる。
いつもと違った景色を見出す事さえできるのです。

写真は三鷹の家の階段室。
施主様自作の浮き絵が印象的です。
[20100801]
rumble001

さてどんどんリリースされて止まない、アルゼンチン新世代フォルクローレ系のアルバム。
これに全て付き合っているとお金がいくら有ってもたまらないことが、足りない頭をしてもわかってまいったしだいです。

今月から諸所の事情もかんがみて、月に2枚という限度を設けました。
以前より月に1枚という設定をしていたのですが、守られた為しがない。
守られない目標は変えたほうがいいという、MIXI諸氏のアドヴァイスもあってこのたびこの目標と相成ったしだいです。

さてそれでも今回はこの一枚を書かずにはいられなくなりました。

RUMBLE FISHの新作[Los viajes del dia]。
このジャケットも少々考えてしまいそうですが、念力を使って見ますとこれはよろしいと出てきました。(あんたは霊能力者か!!)

とにかMY SPACEでリーダーのギタリスト、クラウディオ・ボルサーニの所を聴いてみますとそこそこよさげではあっても釈然とはしなかったのです。
もうこうなるとジャケットをにらんで念力を送ってみる事しかできないのです。

丁度タニィ TANNYサンとお話をしている時に、一緒にユニオンでアップされていたETHEL KOFFMAN FLOR VERBENA の話が出て「私のお気に入りベストに入るものだから買いですよ。笑」といわれた物で踏ん切りがついて、どうせ送料がつくならこれも行ってしまえ!!とポチッとしちゃったのでした。

しかし意外や意外!昨日私の手元に到着してみると、こいつがことのほか良かった。
フォルクローレジャズ系インストゥルメントとして一級の作品です。

クラウディオ・ボルサーニのギターと静かなコーラス。
マヌエル・セルードの美しくも優しいピアノ。
それにベースの弦楽器とパーカッションというシンプルな構成。
曲にはアギーレの曲やキケ・シネシの曲も並べられています。

そして最後の曲なんか本当に素敵。
これはパット・メセニーグループのペドロ・アスナールのボーカルナンバーに驚き、カルロス・アギーレの優しい世界に酔わされた、あの世界に続いて行くような作品です。

とにかく今年の収穫の一枚と私は断言しておきましょう。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる