インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100928]
taturou 001

昨日は前回に続いて今年も行って参りましたの山下達郎のライブに改装の完了した倉敷市民会館に往ってまいりました。
久しぶりの倉敷は雨模様の月曜日。
人影のまばらな美観地区、を静かに楽しんだものです。
何故かって??。
そりゃあタダの駐車場に入れるためには早めに行かない事にはらちが明かない。
でも一番近い所は満車でちょっと離れた場所へ。
余った時間で、夕食と散策です。(当然美観地区の飲食店はパス!)

さて今回のコンサートは達郎の35周年記念という事で、やたらとこの話を連発する。
その度に拍手をして答える、律儀な聴衆たち。(私もその一人です!)

去年はかなりたくさんの曲を私の好きなGO AHEAD!から聴かせて下さいましたが、今回はシュガー・ベイブからその当時のアレンジそのままの演奏を聴くことが出来ました。
これは本当にいい感じでした。
あの頃の空気感そのままです。

感心したのがあの松たか子のだんな(いつもこう形容されるんだろうなぁ~~)佐橋佳幸さん。
ストラップを伸ばしてひざの辺りにギターをぶら下げる姿は、チンパンジーみたいですが、細く抜けてゆくフレーズにしてもおかずに入れる、ソロにしてもなかなかいい感じで演奏していました。
かなりのテクニシャンであることを再認識したしだいです。
去年から参加の小笠原拓海のドラミングも一層素晴らしくあたかもルーファスのジョン・ロビンソンな感じ。
私の好きな、難波弘之のキーボード(どんどんおばさん化していますねこの人!笑)、土岐英史のサックスはもとより素晴らしい演奏でした。

さて前回にはやらなかった「潮騒」が今回ラインアップされました。
帰りがけに妻はそのときも「潮騒」をやらなかったことを残念だった話をしていましたが、私は少々複雑な思いでいました。

今回は12年ぶりに再演されたという。
一説によるとフェンダーローズが手に入らなかったからだとのこと。
そう言えばフェンダーローズは個性があって、初期の物と後期の物では出てくる音が違うという。
確かそんな話を、ジョン・クレマーのアルバム「HUSY」のライナーノーツで見かけたことがあったなぁ~~。(当然その昔の音が「HUSY」のラッセル・フェランテの演奏では聴かれるという話でした。)

もう一つ、ファンクラブの再演して欲しい曲はというリクエストを取ってみるとこの曲が第一番だという。

気持ちは良く解りますが・・・・・・よく解るつもりですが。

なんだかなぁ~~~~。

あの頃、青春の真っ只中、(大学の4年生の頃)甘酸っぱい思い出と供に擦り切れるほど聴いた曲ですよ。
私としてはそっとして置いて欲しいと言うのが本心です。

そして今回ニット帽を手放せなくなった達郎に聴かされた「潮騒」は、今の現実はこうなんだよ!!とあからさまに私に突きつけてくるのです。(これは私だけの問題ですので一般化は出来ないかもしれませんが・・・・)

あの切ない思いでがぁ~・・・・・・・・(涙がちょっとにじんでます)

やはり私的には、人がいなくなった9月末の海岸に一人降りて、小さく口ずさんでいる「潮騒」が一番ぴったりしています。(ユーミンの「九月には帰らない」も良いけど)

山下達郎 ~ 潮騒
[20100925]
nils001

一昨日から本格的な涼しさになってまいりました。皆様いかがお過ごしの事でしょう。

さてこの涼しさになって、私の家のCDプレーヤーは少しレーザー検知器にずれが生じてきたようです。
夏の間は問題なくかかっていたCDが2枚ほどちょっとかかりが悪くなっております。

まあこのためにCDプレーヤー3台も飼っているわけですが。(笑)

又いけない心がむくむくと起きそうで、yahooオークションにMB2sが出ていてこれに入札したい病が・・・・・・・
でもこれは今のところ何とか思いとどまっています。(もう1台接続できるんだなこれが!)

しかし!!

今年の6月にあの流しのCD屋さんから購入した、nils frahmのwintermusik。
ずっとこのタイトルの為に我慢していたんですよ。
くそ暑いのにwinterはないでしょうって感じで。

とうとうこの季節の変わり目に我慢できずに開封してしまいました。

wintermusikって言うくらいだからやはり11月あたりまで待つべきでしたね。
ピアノのとつとつとした響きに繊細なバンドネオン、それに密やかなベルなんかが出てきたりすると、やはりもっと冷たい空気が必要だなと思うしだいです。

でも期待には違わない素晴らしい、逸品です。
これはその時期になってしまうとかなりのヘヴィーローテーションになることでしょう。

さてそれだけに収まらない、我慢できない私。
毎月2枚までと約束していたCD購入。
アオラレコードでリリアン・サバの旧作が出ていて欲しくなっちゃいました。

LA BIENVENIDAとMALAMBO LIBRE 。
一つはアギーレがらみでちょっと欲しいと思っていたので直ぐ食いつく嵌めに。
でも注意深くユニオンの通販を覗いてみると、一応注文で買えるようです。
何と1500円程度。
1枚につき800円ほど安い!!
即注文する私。

そうしてからおぉっ!!タニィ TANNYさんが日記に春ごろ書いていたなと気付いて、早々検索して読み始めるとCAMINO ABIERTOが感動したと書かれてある。
ウゥ~~ムと考えてちょっとモラトリアムをしていたところに、本日ユニオンの新譜紹介に、クラウディオ・ボルサニのギタートリオの新譜情報が・・・・

なんと最後の曲は大好きなホルフェ・ファンデルモーレとのジョイントだって!!
我慢できなくてリリアン・サバCAMINO ABIERTOとクラウディオ・ボルサニTRIO DE GUITARRAS DE ROSARIOの二枚を注文。

気休めは直ぐに来ないって言う事ね!!
何せリリアン・サバは「入荷しない可能性があります」って言う注釈付きです。
最大1月は両方とも入ってこない。

っちゅうことはクラウディオ・ボルサニも在庫ありなのに入ってこないということ。
まぁそう言うことでお許しいただきたい。(誰に許してもらうんやら)

本当に我慢できない奴ですね、私恥ずかしいです。
[20100924]
saidaijinaka3tyoume001

リビングの続きに和室があるとなかなか便利です。

でも計画をしていてそのスペースが取れないこともあります。

そんな時リビングが20帖ほどあるのなら畳敷きの場所を作るのも良いでしょう。
置畳にする場合もありますが、やはり足を引っ掛けないようにフローリングと同一面にするのがよいと思います。

そうすれば炬燵を置くのもなかなかいい感じになります。
出来れば床暖房にすればゴロゴロ気軽に名転べる場所にもなります。

さて写真は西大寺中三丁目の家。
非常時の来客の寝室代わりに使いたいとの要望があり熟慮の結果、床面からロールブラインド出てくるようにしました。

使わないときは床面と面一の木製ボックスに収まっています。
使うときだけ引き出して天井から下がっている金具に引っ掛けます。

床から1メートル60センチくらいで目隠しになります。

白い幕を張るようでなかなか気持ちの良い空間になります。
[20100920]
nakamiti001

数日前、またヤフオクの入札をしていました。
今度はプレミアム会員にはなっていなかったので、上限の4999円。
もうこれ以上入札するには300円ほど払ってプレミアム会員になるしかない。

相変わらずナカミチのCDプレーヤーMB3S。
1000円スタートで残り2日になってから。

相手は300円までは出すつもりだったようで、当分はそのまま。
当然そんな金額では落ちないとは思っていたのですが・・・・・・

結局、5099円にて落札しています。
私の一つ上で落札させちゃうなんて、なんだか悔しい!!

丁度姉がスピーカーを捨てていたのでそれと予備のアンプを接続して、事務所用のシステムを作るつもりだったのですが・・・・・
やはり悔しい!!
[20100917]
sora005

いやぁ~~~ぁ!!
気持ちが良いです。

やっと秋の空が出てまいりました。
涼しい風もそよそよ吹いて。
一週間前の地獄のような暑さとはおさらば!!

空なんて見ると恨めしくて仕方が無かったのですが、気持ちが切り替わると空を見たくてしょうがなくなってしまいます。

天高く、馬肥ゆる・・・・・

あぁ!!美味いもの食いたい!!
ガラエビのはいった炊き込みご飯なんか最高!!
煮魚だってこのくらいになると恋しいですね。

あぁ!!食ネタ!!太りそう!!(笑)
[20100914]
zanbujyo001

いやぁ~~嬉しい!!
今日から涼しくなっちゃいました。
このくらいが一番いいですね。
それでも昼には30度辺りになるのでしょうが、それでも35度になるよりは本当にマシです。
昨晩もエアコンのお世話にならずに済みました。

こんな朝にピッタリの一枚。
Antonio Zambujo[GUIA]です。
このアルバム、9月10日発売の予約でしたが、ちょっと早く入荷していた模様。
私はUNIONのMPBの新着で確認して、MY SPACEで聴いてみると何か飄々としてかなり気に入っていて、予約しようか迷っていたのですが、入荷したなら買うことにしてしまいました。

このちょっと涼しげな風にピッタリですね。
MPBシーンで活躍するポルトガル・コンテンポラリー・ファドのシンガーだそうです。2009年にホベルタ・サー、ゼ・ヘナート、イヴァン・リンスを迎えたアルバムをリリースし、一躍注目を浴びたそう。

節回しが時々ファドしていますが、暗めのあの雰囲気は皆無です。
どこかボサノヴァな雰囲気もありますが、それも当てはまらない。

一番近く思ったのは、日本のボサノヴァシンガーの中村善郎。
彼の自作曲に良く似たテイストがあります。

もう一つ近い物があるとすると、イタリアのシンガーのジョー・バルビエリの1'stとよく似た感じもあります。
しかしそこまでゴージャス感はないといったところでしょうか。

バックがシンプルなせいもかなりあると思います。
クラシックギターとベースを基本に時たまパーカッションやクラリネット、フリューゲルホーンなんかが入る程度。
このクラシックギターがスティール弦を使っていて、チェレスタやカンテレのような風情をかもしています。

そして良い声で歌うザンブージョ。
飄々とした明るい感じがなんとも言いがたい。
こんなちょっとうきうきしてきた日には最高だと思います。

是非一度聞いてみてください。


Antonio ZambujoのMY SPACE
[20100913]
12018

別に決まりがあるわけではないのです。
洗面所特に洗髪化粧台の場合如何しても浴室そばの脱衣室に造る事が多いです。

でも湯気の問題を換気扇にてクリアーすればどこに設置してもいいわけです。

とりわけ計画してゆくとスペースの取り合いができて、ここがもう少し大きかったら、もっと良くなるのにということがたびたび出くわします。

浴室に面して小庭が出来たり、南の洗濯物干しが近くに出来たり。
優先順位としたら脱衣室の洗髪化粧台は、私が考えると低くなります。

この東岡山線路脇の家では二階のトイレのそば、もう一つウォーキングクロゼットの向かい、個室からのアプローチが集中する所にあります。

使い勝手は抜群ですね。

これによって小庭と洗濯物干しが実現しています。
[20100907]
yoseue004

今日の朝、妻の携帯が光っているのを確認。
妻の実家のケーキ屋さんからのメールでした。
メインの玄関脇の寄せ植が枯れてきているという。

こうなったら有無を言わせず、交換しなくてはいけません。
様子を見たって綺麗になることは無い。

即、ホームセンターに行って、材料購入。
しかしこんなどたばたでちゃんとうまく行くとは限らない。
とくにこの暑さにいかれているわけですから、同じ状態になるやも知れません。

交換に行くと、バックに使っているコニファーが枯れています。
こんなのは初めて。
たぶんこの暑さでストレスに耐え切れなくなったのでしょう。

しかし、ナフコにてダブルのインパーチェンスが特売で98円になっているのを発見。
通常価格は300円ほど。
それに今の時期まで売れ残っているのはラッキー。

なぜかって?
それは今の時期からこそこのダブルのインパーチェンスは美しく咲くのです。
一番いいのは10月あたり。
12月初めまでたくさんの花を咲かせてくれます。

近い内にもう少し仕入れておこうと思っています。
[20100906]
sesiria001

久々にラティーナのサイトにアルゼンチン物の入荷が確認されたのは3・4日前の事ですが、相変わらず写真とタイトルだけでどんなものか解らずにじりじりとしていたしだいです。
昨日の朝になってみると、少しずつ解説も加わったようでやっと見やすくなったと思った瞬間に目に飛び込んできた、セバスティアン・マッチ、マリアノ・カンテロ、マティアス・アリアスの文字に心躍らせながらMY SPACEを開いてみたのでした。

CECILIA PAHL/COROCHIRE
セシリア・パール/コロチレー(つぐみ)~ラモン・アジャラの歌曲を歌う

ラモン・アジャラの曲はリリアーナ・エッレーロのリトラルやシルヴィア・イリオンドなんかも取り組んでいたので知ってはいましたがこのリトラル音楽の奇才の全貌は聴いたことが無くちょっと興味を抱きました。
なかなかバックの調子も私好みで直ぐに購入いたしました。

何と昨日の今日に到着するとは思ったもいませんでしたが、今到着して早々聴いております。

アレンジはギターリストのマティアス・アリアスが担当していて、ちょっと悲しげなアレンジの多かった[Arriero de peces]もすっきりと表現されていてこんな解釈も在るのだと思ったしだいです。

このマティアス・アリアス、リリアーナ・エッレーロの日本ツアーにアカ・セカ・トリオのマリアーナ・カンテロと同行していて、なかなか良いギターワークをしていて、最新作のエッレーロのアルバムにも参加していてなかなか期待のギタリストであります。

セバスティアン・マッチはいわずと知れた、カルロス・アギーレ譲りの端整な演奏が特徴のこれも期待のピアニスト。

マリアノ・カンテロについてはもはや言葉を尽くす必要も無いでしょう。

この都会的なセンスのバックを従えての演奏は本当に素敵。

これが初アルバムとなるセシリア・パール、の声も非常に落ち着いたアルトで安心して心をゆだねる事ができます。
夏の終わりにはなかなか良い歌声かと思います。

セシリア・パールのMY SPACE
[20100903]
mukumuku001

2週間に一度ほど長船に葡萄パンを買いに行きます。
ごく普通の葡萄パンですが、1斤を6枚に切った物を一日に1枚ずつ朝食にいただきます。

いつもパン用の籠を持参して、袋が要らないポイントを戴くのですが、丁度300円ずつのポイントに合わせるために一つ菓子パンも買って帰るのです。

今日目に付いたのはフランス製のオレンジピールを入れたパン。
たっぷりの胡桃と干し葡萄も入っています。

柔らかくケーキ風に仕立ててあるといいます。

まぁ焼きたての菓子パンというのは不味い物は殆ど無いと思っているのですが、結構これはいけました。
本当に焼きたてが効果を発揮しています。
ふわふわの生地。
シュウクリームのような食感です。

それにオレンジピールがなんとも清清しい。

10時のおやつにいただきました。
[20100901]
higasiokayama001

以前トイレ用の簡易間仕切りで大きな子供室を分けると言う話を書きましたが、もう少し余裕が有ると家具まで作ってしまってそれで分割すると言う手もあります。

子供室に必要な物と言えば、下着以外の着るものの収納、勉強机、本棚、寝具を入れておく場所、それに在ればベットくらいな物です。

注意が必要なのはワードローブ。

コートもかけられる場所が必要です。

引き出しはプラチェストだとグッドです。
網カゴだとせっかくアイロンをかけても筋が付いてしまいます。

ちょっとした心使いが必要ですね。

写真は東岡山線路脇の家。
女の子っ二人の為の部屋です。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる