インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20110228]
karameru001

ここの所嵌っている飲み物です。
夏に行った京都のシトロンさんで感動したキャラメルミルクアイスティーを何とか再現したく思っていました。

これはもううちでカラメルを作るしかない。
インターネットで調べてみると意外に簡単。

グラニュー糖を買って来て水で溶いて溶かしたものを強火で煮詰めてゆくだけ。
しかし途中まではなかなか色も付かなくてじりじりしますが、色が着き出すともうもうと煙も立ち込めて非常に危険な感じに成ってしまいます。

我慢をしてしっかり焦がしてやる事がコツのようです。

そしてここだと思った所で水を投入。
速やかに冷やしてやります。

これでカラメルの完成。
こいつをプリンを作るときに底に流し込むんですね。

しかし今の時期アイスティーもないもんで、こいつをホットミルクに合わせてやる。
これがもう至福のおいしさ。
ちょっと苦みばしって甘いカラメルミルクの出来上がりです。

一杯のカップの牛乳に小さじ3杯ほど加えてやると丁度いいです。
かなりお勧め!!
[20110225]
sakai001

この時期の夜と昼・昼と夜の境目が好きです。
昼と夜なら黄昏。
夜と昼ならあけぼのでしょうか。

清少納言も言っております「春はあけぼの・・・」

とにかくその頃のブルーの深さといったら喩えようがないほど。
ずっと暮れ着るまで、または明けきるまで眺めていたい。

心を動かすほどの美しさです。
[20110223]
suisen002

今年は寒かったからでしょうか。
やっとこの頃になって日本水仙が咲き始めました。

何時もならお正月の貴重な花として珍重される我が家なのですが、やはり今年は寒かったとしか言いようがありません。

一昨日くらいからちょっと昼間の気温は上昇しつつあるようですが、いまだ春一番の声は聞こえてこないようです。

しかし移動性高気圧と低気圧の性で天気が荒れることもしばしばで、もうすぐなのでしょうね。

だいぶサクランボの蕾も大きくなた様に見えます。
[20110220]
牛窓SEARANCHトイレ

よく建売の計画の図面を見ていると思うことがあります。

トイレが狭い。

グリッドを使って計画したのが見えてくるような壁芯で900内寸750。
この寸法最低限としては問題はないですが、トイレで行われている作業を考えるといかにも狭い。

衣服をずらしたり直したり。時間も結構かかることがありますよね。

できれば内寸900は取っておきたい。

トイレが済むと鏡を見て軽く身づくろいもしたいものです。
そのためには化粧室の機能も欲しい。
少しゆっくりと寛げる感じだと最高です。

二つトイレがある場合には、一つは最小限でももう一つは余裕を持った計画をしたいと何時も考えています。

写真は牛窓 SEA RANCHのトイレ化粧室。
少しからだの不自由な方もゆったりできる広さをとって、化粧台も付いています。
当然入り口は引き戸巾もたっぷりと。
[20110216]
jean001

久々にジャズベースのCDを買いました。
Jean-Louis Jean-Philippeの[Second Move]

こう云うCDはピアノの動きがかなり重要ですが、心地よく聴かせてくれます。

選曲は殆どがピアニストのJean-Philippeがしていますが、それ以外のカバー曲もなかなか良い曲をやっています。
ミッシェル・ルグランの[You Must Blive in Spring]、それにエドゥー・ロボの[Pra dizer adeus]トム・ジョビンの[Luiza]。
[You Must Blive in Spring]のベースの動きはどこかビル・エヴァンスの[You Must Blive in Spring]のエディー・ゴメスの様でもあります。

特筆なのがその後のJean-Philippeの曲で[Waiting For You]。
この曲一つ聴くだけでも意味のあるCDです。
ワルツのリズムが本当に清清しい。

ビル・エヴァンスのワルツ・フォア・デヴィーにも匹敵するような曲だと思います。
春を待つ今日この頃には最適かと。

Entre Nous / Jean-Louis Rassinfosse and Jean-Philippe Collard-Neven のYOU TUBE
[20110211]
kinngyo001

昨日突然思いついて神戸大丸の金魚のアートに行ってきました。
11時半に出て神戸着1時半まあまあの早さですか。
お昼は大丸の名店街で群愛飯店でチャーハンと焼きそばと点心二つ青菜いためと簡単に済ませましたが、なかなか美味しかったですね。

同じフロアなのでらくらく入場。
この1.5メートルはあろうと言う巨大金魚鉢がそごい!!
色がどんどん変わって面白い。

kinngyo002


しかし金魚って本当に面白いですね。
日本人が造った特殊な世界。
奇形を楽しむ文化なんでしょうね。

暗い中に展示されているのがポイントでしょうか。

kinngyo003

kinngyo04
[20110208]
kapokki001

今年最初の大洋レコードでのアルゼンチンからの入荷はスモールパッケージながら新作が揃ってなかなか良かったみたいです。

そんな中いち早くブログにアップされたGuillermo Capocci のMilesimas。
とにかくこれも去年の大洋レコードの最初の購入品パブロ・グリンホトのROCHAに匹敵しそうに素晴らしい作品です。

今までもブエノス・アイレスのジャズ/フォルクローレ/エクスペリメンタルの界隈で15枚以上のアルバムに参加して来たキャリア があるそう。

一番最近では、Mariana Pereiro & Guillermo Capocci 名義でLuceroと言うアルバムも大洋レコード入荷させて出していました。
これもちょと気になる存在で、少し泳がせていたんですが・・・・・

結構早くに売り切れになっていてちょっと悔しい感じ。もしかしたら以前のコアフールみたいにユニオンとかHMVで多量に入ってくるかもと密かに思っていたところでした。
(でも次に入荷があると大洋レコードさんで買ってしまいそう)

しかし本当にアルゼンチン物懐が深い!!

去年の年末のFederico Arreseygor もかなり驚きましたが、今回も素晴らしいの一言に尽きます。

女性ボーカルの入ったナンバーなんか特にお勧め。
又バックの処理はちょっとフォークトロニカな感じで音響派の臭いもあってなかなか素敵。

ちょっとした木漏れ日感のある作品群に仕上がっています。

こんなのがバンバン出てくるから眼が離せない。



Guillermo Capocci のMY SPACE
[20110206]
monohosi002

日当たりが一番いい場所には何を作るといいのでしょう。

答えは簡単。
物干し場ですね。

リビンングとかじゃあない訳ね。

洗濯物を干してみると解るのですよ。
いくら他に場所を確保していても、そのお家の中で一番日当たりのいい場所に洗濯物を全ての方が干してくださる。

それは太陽で良い香りになった下着を着たいから。

それに冬なんかは日当たりの一番いい所じゃなきゃあ一日で乾かない事もある。

できればちょっとした雨でもOKなガラス屋根も付いていて、下着ドロから少し隠れていたりするとベストです。

写真は玉島乙島の家、一階部分はごみ置き場や簡単な収納を兼ねた勝手口。
2階部分は浴室・ユーティリティーと連続するガラス屋根付き物干し場です。
[20110203]
tomato001

ここのところの朝食のお気に入りです。
イタリア風のオリーブオイルの入ったハード系食パンにバターを塗り、チーズをのせその上に直径5センチほどのトマトを載せオーブントースターで焼く。

このトマトはこの時期にしては結構味が濃くて酸味も甘みも十分でここまでする必要は無いのですが、それでも焼くと又一層美味しくなる。

初めてトマトを焼く事を知ったのは、イギリス旅行をしたときだ。
かの地の朝食はオレンジジュースに始まり、熱いティー、それにベイクトベイコン、フライドエッグ、ベイクトマッシュルーム、ベイクトトマト。
それに8枚切の薄いトーストとシリアルヨーグルトがつく。

これをゆっくり1時間ほどかけて食べるのだ。
何とゆっくりした朝食。

満足感たっぷりでした。

特に焼いたトマトは非常に甘くて美味しかった物です。
あれ以来自宅であの朝食をまねて作りますがベイクトトマトは絶対外せなくなりました。
簡単ですがパンにのせるのも美味しいですよ。

お勧め!!
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる