インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20110429]
諸君、脱帽したまえ。1

この一年で3回目の奇跡のライブ。
こんなとこで実現していいのだろうか。

客席とピアノの間が近い。
手を伸ばせば触れてしまいそう。

ピアノの鍵盤に指が触れるたびに、爪が発するこつこつと言う小さな音さえ聞こえる。
岡山の桃太郎大通りのドンつきに位置する。市電はここで曲がって南に下る。
交差点は結構いろんな音が交錯するはずなのに。今日はそんな音さえ聞こえてこない。

この言葉はシューマンがショパンの作品を批評した文章の中で使った、ショパンを評する言葉だ。

こんな言葉を思い出さずにはいられないくらい素晴らしい演奏だった。
クラシックの奏法を基礎にしながら、ジャズ・ポピュラー・ワールドと寄り添う音楽を奏でてゆく。
そしてブラジルの名曲をほんの少しだけの味付けで忍び込ませる。
何と端整なスタイルなんだろう。

怒涛のようにすばやいフレイズを弾いたかと思うと、ハチドリのように軽やかに舞うように。
奏法やテクニックの褒め言葉なんか本当は無意味に等しい。

そして一曲ずつ深くお辞儀をしながら謝意を示す。
そんな演奏と姿に聴衆は鳴り止まぬ拍手で曲ごとに応じる。

とにかく去年からの奇跡のライブ3連荘に共通するこの空気感。
主宰者と聴衆と演奏者の幸せな関係が今回も図らずも現れたとしか言いようが無い。

本当は開場に間に合えばいいと出かけたはずなのに時間を間違えて30分前に到着したのが幸いだった。
3公演共のかぶりつき席。
入るなりに招聘をし演奏楽器の調律もこなす三ヶ田さんにどの席が一番いいか聞く始末。

でも本当に普通の部屋の普通のアップライトピアノがあんなになるなんて・・・・・

そして日本の歌曲の「ふるさと」、通俗的でノスタルジックにしか聴こえなかったこの曲をこんなに美しく聴かせてくれるなんて初めてといってもいいくらいです。

そして最後に三ヶ田さんがお話いただいたこのたびの来日に関する心配を克服したお話。
本当に心温まるものでした。(拍手)

さてちゃんとサイン入りのCDもゲットしました。
これはメーマリさんがコンクールで優勝したときのご褒美で作ったもの。その後メーマリさん自身でリミックスして自主制作したものらしいです。
これがまた今回のソロライブの元かと思われる内容です。

非常にいいです。
ブラジルの有名メロディーメーカーの曲のカバーって言っても殆どテーマを少し借りてきたものですが・・・・それに彼のオリジナルが絡む。
これを聴きながら本日は日曜日のあの笑顔を思い出しています。

日本に対する彼の心意気に感謝!!!
そして天才メーマリに脱帽!!!

メーマリさんのYOU TUBE「ふるさと」「荒城の月」
[20110428]
柏島の家15


耐力壁にある程度関係の無い内壁は、可能な限り30ミリのボードで作る事を考える。

通常の間柱を使った工法だと仕上げを入れると150mも取られてしまう。

上手く収納なんかが絡んでくると強度も満点。
内部を電気配線が通っても物が入って見えなくなる。

開き戸・引き戸などと絡む場所は、扉厚に合わせて6mのボードを重ね張りする。

部屋が少しでも広く使えます。

特に水廻り、トイレなんかは少しでも巾が欲しい。
柱芯900でも内寸で900取る事もできます。
(写真は玉島柏島の家2階水廻り入り口、引き戸が当たるため36㎜に調整してあります。収納部も30㎜のボードで。)
[20110422]
国民の映画1

三谷幸喜の作品は「温水夫妻」以来です。

ナチの宣伝省ゲッペルスの家での一夜のパーティーのお話である。
(本当はこのあたりのドイツ映画界の歴史をちゃんと予習してから観る方がよかったかもしれない。)

ナチは自分達の世界を実現するに当たって、デザインや表現と言うものの力を巧みに利用した。
同じファシズムといわれる日本が質素倹約と言う精神論で国をまとめたのとは少々違う。(それを形にしていたのが旧大阪梅田駅)
まあ日本の場合は天皇を中心とする国のまとまりがあったから必要がなかったのかもしれないが・・・・。

彼らの目指したのはギリシャ・ローマの古典的世界観の復活。
そしてその巨大化を自分達の世界として強いドイツを表現する事であった。
その一端として映画も例外では無かった。
レニー・フェンシュタールが描いたベルリンオリンピックの記録映画「民族の祭典」では執拗にこの肉体美それも白人男性の肉体の美しさが出てくる。

三谷幸喜はこの宣伝省ゲッペルス(小日向文世)が実はハリウッド映画の「風と共に去りぬ」が一番好きだったという逸話を出発点に構想したと言う。
ごく世俗的な映画を愛好する一人の男(女好きで地位を使って新人女優をたらしこむ、総統を恐れ、妻とは仮面夫婦)が結局はあのナチの世界を構成する一員としてドイツ映画で世界的な娯楽大作を作ってそれを国民に見せ熱狂させる事が出来るはずだと夢見た。

とにかくあらゆる方法を使ってドイツの最高のスタッフを集めそれを実行させようとする一夜の出来事としたようだ。

そこに現われる者たちはすべて世俗的で一般的な人間。

親衛隊長ヒムラー(段田安則)にいたっては貝殻虫の命を大切に思う園芸家として描かれる。
当然一方で冷淡に第三帝国の思想に外れるものやユダヤ人の気配を探す人間であることは言うまでもない。

反政府的な作家ケストナー(今井朋彦)は出生の秘密からユダヤ人の血が入ることをゲッペルスに見つけられそれ故自分の命大事さにナチに協力する人物。

ゲーリング(白井晃)は藝術に関してかなり造詣が深いが、薬物中毒者。
お気に入りの演劇人(小林勝也)は一本筋の通ったバイセクシュアルな人間(これもナチからは不要な人間とみなされている)

そして映画監督にはレニ・リーフェンシュタール(新妻聖子)。
自分の表現の為ならどんな悪魔とも手を組む。
しかし身体を許すことはしない。
ゲッペルスの妻(石田ゆり子)とは友人。

ゲッペルスの妻は密かにケストナーを慕っていて、誤解の世界に入っている。

そしてゲッペルスに取りいって自作自演の映画を作製しようとする監督もする俳優エミール・ヤニングス(風間杜夫)。
軽率で見栄っ張りな女優(シルビア・クラブ)。

とにかく身体を提供しても役を欲しい新人女優(吉田羊)。

イケメン男優で単純な男優(平岳大)。

そしてこれが主役かもしれないゲッペルスの執事(小林隆)映画のあらゆることを知っている生き字引のような人。
その才能を生かしてドイツ映画界の反体制的な人間を収容所へ送らせないようにゲッペルスに助言をしている。

物語はその一日に互まみえる人達が精一杯ナチの厳しい検閲の中できる事を模索し、そして自己実現をしようと試みる。

しかし不用意な発言があり、執事がユダヤ人であることが露見する事でそれぞれの人間の本質が暴露されてゆく。

パンフレットには「彼らが愛したのは映画かー国家かー」と言うタイトルはありますが、言うまでも無く彼らの愛していたのは小市民的な自分自身。

人がどんな物を評価しそれをどういう風に位置づけようとno problem。
しかしそれを集団に強制し,ずれてゆく者を収容所送りにするのは狂気だ。

大不況下、第一次大戦での保障問題を引きずり憂鬱な社会状況で、それを打ち砕く元気のよさで国民を熱狂させたドイツ社会主義労働党。
結局はそんな異常な状況下、他人を思いやる事を忘れ自己愛の集団暴走が社会を悲劇に陥れる。

ゲッペルスの妻がユダヤ人とわかった執事が明日当局に出頭して帰ってこないことに対して「これから寂しくなるわねぇ~~ユダヤ人にしてはいやな所が無かったのに・・・」と口走る所などはその際たる物だ。

特別の人達が特殊な事を夢見たのではなく、ごく普通の人達がちょっとした違和感を排除するように動いた。

それに加担した芸術家とてその行く先を見ていてものは表に出ることは許されなかったし。
表に出ない物は本来芸術家とは呼ばれないのである。

(あのル・コルビジェをしてもナチに擦り寄って仕事を取ろうとした。幸い仕事はもらえなかったが・・・・)

とにかく現代のマスコミすら一般の人間と政治の指導者を線を引いて考えている傾向がある。
ナチは確信犯だが、現代のマスコミは自覚がない分始末が悪い。

煽っておいて落としどころを知らない。

しかし結局はその国民があっての政治家。
ただ平凡でちょっと怖がりな、そして大きな威勢のよさに流されやすい圧倒的な人々が社会の全体像を形作っている。

そして人間は見たいようにしか物事を見てはいない。
このことを深く認識させる演劇だったのだろう。

なかなか眼の付け所が素晴らしい。

でも私としてはこれを喜劇として演じて欲しかった。

そして、執事がユダヤ人と判明する以降の部分をもっと簡潔に。
その後の説明なんかは映像でテロップを流す程度で。

面白うてやがて悲しき(恐ろしき)の風情を三谷幸喜ゆえ、そこまで要求したい所でもある。

国民の映画2
[20110420]
ちょっと予島へ1

日曜日のお昼前私は少~~し悩んでいたのでした。

その日初めてつけたパソコンのパンダの友のBBSにこんな書き込みが・・・・
「はるぴんさんのところからなら、1時間かな?」

送信していたのはマイミクでもある、PANDA45の仲間です。

そう言えば数週間前この方、つぶやいても居られました。
瀬戸内予島ヨーロッパ車ミーティング。
この震災でやめるイヴェントが多い中、震災チャリティーをやりながら今回も
実行すると言う。
その考えは正しいなぁ~~と思いながらも完璧に忘れておりました。

当然、つぶやいても居られて、ニューパンダの方も参加を表明しておられる様子。

でも木・金と遠征して遊びに行っているし・・・・・

それでも名指しされると電話でもかけようと思って携帯を鳴らしてみる。
呼び出し音も無く、さっと出てこられて声を聞いてしまうともういけませんねぇ~~。

これからでも行きたくてしょうがなくなってしまう。
3時まで居るということを確認して、妻をお店に送った後かなり遅めに出発!!
案の定言われたとおり、岡山の街中12時半、着いたのは13時半。

彼の読みどおり1時間です。
もう帰る人達もちらほら、猛牛が2台坂を上ってきます。

丁度イベント会場に入った所で「はるぴんさん!!」って声が掛かりました。
日陰でお話中のつぶやきの主。

話を始めるとやはり愉しくて仕方が無い。
一昨年知り合った香川のこいのぼりの方も横目で確認しつつひとしきりお話。

その後お誘いいただいた方の運転で軽くデモランをして帰って見ると、もうかなりの方が帰っておられます。
こいのぼりも見えなくなっていました。
その代わり素晴らしい車が・・・・

ちょっと予島へ2

FIAT128ラリ~~!!
かっこいい!!
しびれる!!

たぶん今回の話題の車ということでしょう。
一応PANDA仲間の皆さんのところへ駐車。

私の車を見ていた方曰く「この車だんだんかっこよくなるなぁ~~」

そうですよね発売当初はただの大衆車です。
25年もそのまま乗っていると、回りの車とどんどんずれてくる。

でも大衆に媚びて上位のクラスに誘導するようなコンセプトでなく。
ちゃんとした設計哲学を持っていることでその価値が出てきたんでしょうね。

お誘いいただいた方からは、「エンジンが静かでコンディションいいですよ!!」ってお褒めのお言葉もモレーノ君いただけました。(嬉)

PANDAの友でもおなじみのニューパンダな皆さんともお知り合いになれて、少しずつお顔とお名前が一致してくるようになるのも愉しい物ですね。

[20110418]
春のプチスノッブな旅1

木・金で関西方面に旅行に行ってまいりました。
妻が私の為に取ってくれた(そう思っておこう)三谷幸喜の舞台「国民の映画」を観劇するのを中心に、木曜日から始まった大阪造幣局の桜の通り抜けなんかを観て、京都に1泊こちらも出来れば、今盛りと思われる「原谷苑」の桜を観て帰るという趣向。

高速バスで梅田到着。
造幣局が近くという所で大阪の帝国ホテルのホテルバスを使って帝国ホテルへ。
当然バスだけ利用。
お昼過ぎになったのでお腹がすいてどうしようかと相談。
さすがに桜真っ盛りで、あたりは桜値段や桜メニューなお店で一杯。
ちょっと入る気になったビストロっぽい店では案内もされない状態でプチ切れ!
結局すいていたマクドナルドで株主優待券を使ってそれを桜の下で食べる事にする。
この先こんな所で美味しい物にありつけてゆくのか少々不安に・・・・(何時も食べ物にはうるさい二人づれなのに)
しかし帝国ホテル側は通り抜けの出口なのでぐるっと回って入り口までほぼ1キロの道のり。
まだ当日から始まったばかりなのでちょっと早い桜が多いみたい。
しかし本当にたくさんの種類の八重桜を官能。

私にはもう一つ目宛があったんですけど・・・・
通り抜けを出た所にある明治のお雇い外国人ジョサイア・コンドルの作品。
こちらは現在改装中で見ることかなわず。(残念)

結局また川沿いを下って入り口方面に戻る。
しかしこれぞ日本の庶民の桜の愛で方。
屋台の店が連なるのを横目で見ながら、いろんな食べ物のにおいも横鼻で感じながら終わり間近の染井吉野の花吹雪を浴びて歩く。

結局そうやって観るのも4時くらいでもう終わりということに。
演劇は6時半開場なのでそれまでに食事を済ませておこうと考える。
でぇ~~結局また戻って天神橋筋商店街で安くて美味しいものを食べようと言う話に。
ほんによく歩きます。

南から天神橋筋を上がって行くものの何が良いか解らない状態に。

そこで妻、携帯でここが出身の岡山の食べ物屋さんの店主に電話。

春のプチスノッブな旅2


「安くて美味しいすし屋が2件有って近所に並んであるんですけど[春駒]と[奴]って言うんですけど、[奴]の方が狭いですけど美味しいですよ。頼み方はお好みで頼んでも良いけどお任せでにぎってもらってお腹が良くなったらストップってやり方もありますよ」

言われた事には素直に従うのがもっとうの私。

有りました有りました[春駒]の方は結構並んでいます。
[奴]の方はって観てみると休みじゃあないですか・・・オォット張り紙が・・・・・近くの支店は営業してるって。

覗いてみるが誰もお客がいない。本当にここでいいのかちょっと迷うが、えいやっ!!と入店。

イヤァ~~美味しかったですよ!!

一人16貫(トロ・しまあじ・うなぎ・あまえび・赤貝・あわび身と肝・うに・いくら・鯵・ゆでエビ・鮭・烏賊・たいらぎ・etc)ずつ大振りの赤だし二人で一つ戴いてお会計は4700円!!
ウゥ~~ム安い!!美味い!!早い(これは当然か)

それではいざ観劇に森之宮ピロティーホールへ!!
少々の時間つぶしを大阪城公園にて猫を見ながら過ごす。

定時に入場と行きたかった所で妻が有ってはならないことを口走る「一枚券を忘れてきた!!」

オイオイどおするんですか??
仕方が無いから一枚当日券を買うしかないか・・・・

あきらめの悪い妻は係員に話をしてみる。
へぇ~~へぇ~へぇ~~コンピューターで買ったものなので購入確認が出来るって、それで保証金みたいなのを払って後日あった券を郵送すれば保証金は帰ってくるんだって。(あぁ~~ほっとした!)

「国民の映画」については別途報告いたします。

しかし終わったのが10時半これから京都ですぜ。
歩き疲れた身体を引きずり小一時間かけて京都へ・・・・私はバタン・キュゥ!!
でも妻は元気に京都のソウルバーで4時間遊んでこられました。

さて次の日の朝はゆっくりして朝ごはんは私のお勧め寺町通りにある「進々堂」で済ませる。ここはコーヒーお変わり自由。
朝の定番2個の目玉焼きとフライドベーコンサラダとトーストがついて680円。
ちょっと他にも焼きたてのパンもつまめてお気に入りです。
しかし今回気に入ったのが可愛い店員さんがいたこと。
小倉優子と沢尻エリカを併せて2で割ったような感じ。
こちらもお勧めしておきます。

春のプチスノッブな旅3


そしてバスに乗って「原谷苑」へと金閣寺方面へ。
イヤァ~~これも3年続けての「原谷苑」3年目にして初めてのすべて満開状態・
「満開・花は満開・僕は嬉しさ余って気がふれる」

しかし本当に人が多い!こんなにたくさんで桜の根元踏みしめて大丈夫か!!
しかし本当に物見高い人達です。
それも地味な色の服装のおばさんばかり。
これだけは、でも経験しないとちょっとわからないかも。

帰りには妻ご推薦のビストロ「バスチーユ」にてランチ。
これがまた最高に美味しかったですよ。
豚肩ロースのソテーをリゾットの上に乗せドミグラスソースをかけたもの。
チーズケーキとバニラアイスの取り合わせもバッチリなデザート。

この店近々京都の老舗料理店の「菊の井」の御主人村田さんがテレビで紹介するそうな。

結局今回も食べ物には恵まれていたみたい。(笑顔)
[20110413]
akou001

先週行った赤穂岬も今では桜満開の事でしょう。
岡山の後楽園の旭川沿いの桜並木はそろそろ落花盛んになりつつあります。

ちょっと後戻りして赤穂の山が綺麗だったお話。
ここは赤穂の西川の山の東面。
たくさんの山桜が咲いておりました。

もう少しよく見えるところは無いかとそばによっていくと、どんどん見えなくなる。
挙句の果てには行き止まりとなっていました。
丁度その道を上がってくるおば様がいて教えてくださる。

この斜面を上がると良く見えますよ。
本当はもう2・3日すると山桜の真っ赤な葉がたくさん出てもっときれいになるそう。

丁度斜面を上がると、ネットの向こうにため池が逢ってその上に美しい山桜たちが・・・・

私が赤穂の200本桜と命名しておきました。(笑)
1000本桜はちょっとおこがましいので。
[20110408]
tatuno001

昨日はちょっと早い花見に行ってきました。
最初は赤穂岬を目指してゆきましたがこちらはまだまだ咲き始め、2分咲きくらいでちょっと残念な感じ。

結局納まらないわたし達は、竜野公園に行くことにしたのでした。
話によるとここの桜は3000本有るそうな。

しかし公園に車を停めて歩けども歩けども3000本は無さそうな感じです。
しかし昔の町並みと桜はよく似合っています。

山裾にやぐらを発見したのでそちらに行くと、城跡が整備された公園。
これが津山の鶴山公園に小さいながらも似た良い城址公園でした。

こう云う静かな桜はいいですね。
一人静かに荒城の月を歌ってみました。
[20110404]
mokuren01

街からの帰り道、操山の里山にたくさんの木蓮が咲いています。
これがなかなか美しい。
それにレンギョウの黄色。
雪柳のしろ。
庭梅や花桃のピンクがからまるとなんともいえない景色になります。

今日は目立った木蓮を写真にとって来ました。
こんな風に白い炎で山を彩る。

突然の白が現れるのです。
[20110402]
LA MADERITA SIMPLE

さて一ヵ月半ぶりに素敵なアルバムを3月25日ユニオンの新譜で見つけました。
在庫ありでアップされていてそれには英文での紹介とアーティストサイトのURLが張ってあって早々視聴したのでした。

最初のちょっと音程の不確かな憂鬱な曲を過ぎると、素敵な世界が広がっていました。
ちょっと物憂げでも優しい旋律が心地よいいかにもアルゼンチンらしい歌声です。

ラ・マデリータはNicolas Caccamo (パーカッション), Leandro Wollschlejell (シンセ), Alexis Kanter (ベース), Nico Cuneo (ギター他), German Roffler (ギター&ヴォーカル)の5人によって2006年に結成されたらしい。

Rosario, Santa Fe の出身みたい。

最初に出ているパーカッションのNicolas Caccamo のゆえかなかなかパーカッションワークが素晴らしい。
バックの感じはホルヘ・ドレクスレルの近作を彷彿とさせるエレクトリカでこれがなかなかと快適な雰囲気ををかもし出します。
特に2曲目の[AMARRADITOS]はそれこそホルヘの曲といってもいいくらい似ています。

また、女性ボーカルの入る8曲目[CALOR]はOLGAの様でもあります。

分類的にはMPAでしょうがネオフォルクローレにかなり近いと思います。
ジャケットイラストワークも良し。

春の好盤でした。
ちなみに翌日にはもう在庫無しになっていましたがたぶん一両日中には多量に入荷してくる事でしょう。

一度耳通ししてみてください。

アーティストサイト
[20110401]
玉島柏島の家001

壁の一部を本棚にする。

構造に必要な間柱(普通は30x105)を足場板(30x220)で作る。
こうすると奥行き22センチの本棚ができます。

内壁の間仕切りに使うと難なく収まります。
外断熱にすると外壁にも作る事ができます。

巾は耐力壁として使用したいので、450ピッチ。
少し重たい本にはこれくらいでちょうど良い。

自由に桟を打って高さは調整する。

A4の大きさなら本当にピッタリと収まるのです。
家中本棚の家作りたいですね。
(写真は玉島柏島の家の子供室)
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる