インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20110531]
Jean-Philippe Collard-Neven1


平日のライブはちょっと疲れるかなぁ~~~!!なんて思っていましたが。
これがこれが、どっぷりと疲れてしまったのでした。

なんて素晴らしいんだろう、なんて美しいんだろう、なんて、なんて、なんて・・・・
家に帰ってから、うわごとのように何度も繰り返してしまった。

このアーティストとの出会いは、以前日記に書いたが、私にとってこれこそ僥倖と言うにふさわしい。
何時もどこかに良い音楽は埋もれていないか、私より先に聴いているやつはいないか、と探す毎日。

本当の偶然見つけた、彼が日本に来て演奏する。
どうせ、東京のみの公園化と半分あきらめていたら、なんと例の城下公会堂でもやるという。
でもちょっと躊躇してしまったんですね、本当に馬鹿な私!!
今岡山でこの曲たちを聴いて、反応著しい人間の一人が参加しないなんてやはりおかしいです。

さすがに岡山では彼の名前すら知らないで聴きに来る方が多かったようではありますが、それも仕方ないでしょう。

そう言う事情もあって、今回はゆっくり出て行きましたが・・・・・・・
またまた最前線の彼を真横に見る一番いい席についていでは無いですか。(4公演すべて最前列のベストポジション)
やはりそれでも結局私ほどの情熱を持った人がいなかったと言うべきか。

とにかく堪能いたしました。
身体を動かし、小さく唸りながらの演奏は、キースの様でもあります。

そう言えば、演奏の具合も若い頃のキースとそっくり。
強烈なリズムの中から、美しいフレーズが立ち上がり、その旋律が本当に昇華してゆく様に静かに心を打ってゆく。

そしてどの曲も本当に美しい!!
彼が作曲した映画音楽では、素敵なハミングを聞かせながら、本当に小粋な世界を演出する。

またあるときは、これはラフマニノフのピアノ協奏曲かと聞き間違えるような展開。
それが取ってつけたようには少しも感じられない。

彼の中でクラシックもポピュラーもジャズも現代音楽も血となり肉となってあるのだということを認識する事ができた。
とにかく誰かに形容する必要は無いのだと、深く思ったしだいです。

それでも説明の為にあえて付け加えるとしたら、ビル・エヴァンスでありキース・ジャレットであり、ミッシェルルグランであり、エリックサティーであり、ラフマニノフであり・・・・・・

城下公会堂の城主様によると、チケットはなかなか売れなかったとのこと。
それを聞くだに、これは私のため、この私一人の為に開催されたようで、もう本当に年甲斐も無く興奮してしまった次第です。
Jean-Philippe Collard-Neven2

さて、何時ものようにサインもCDに戴きました。
新譜とそのほか一つぐらいつまんで帰ろうと思っていましたが、映画音楽集とフーガも買ってしまいなんと4枚も・・・・・

サインをしてもらいながら、感想や賛辞をとにかくできない英語を使って片言英語してしまいました。(恥ずかしい)
とにかくちょっと前から注目していた事が理解され、感謝の言葉もいただけました。(嬉)

しかしこんなに素晴らしいピアニストが・・・と言う思いは本当に消えませんでした。

何時の日にか渋谷のオーチャードホールを満杯にした彼の姿を私は想像したのでした。

Jean-Philippe Collard-Neven3
[20110524]
marusio001

2月にはこんなのも出ていたのですね。
大洋レコードの新入荷出始めて知ってしまいました。
Marcio Faraco [O Tempo]

彼にとって6枚目となるアルバム。

当然見つけて直ぐに購入手続きをしましたよ。
それ故本日早くも到着。

あぁ~~ぁ!!いい!!
この声この旋律。
もうメロメロ!!

とにかく全く変わることのないワンパターン。
以前話した事ありますが、中学生の頃見た木下啓介アワーの「ばら色の人生」のテーマ曲、ジョルジ・ムスタキの「私の孤独」にあい通じる暖かさを持ってちょと粋さを忘れないっていうところです。

何時もこの感じを探しているんですね。
それを必ず裏切ることなく、ワンパターンで邁進してくれるファラーコ君。
もうお手上げの状態です。

でも本当はここで大洋レコードだけでなくほかの通販も観ておくべきでした。
2月にもうでていたのが解ったのはHMVのサイトをチェックしたから。

そのとき同時に発見したのがフランス盤のみの発売で入手困難だった彼の4枚目のアルバム[Invento]これが入手可能になっていたんですね。

慌ててもう一度大洋レコードのサイトで確認してみると、これも入荷している模様。

注文して直ぐこれだから、へこむへこむ。
だって一緒に注文すれば輸送費が節約できた物を。

HMVで頼む方法もありますが、入荷しないなんて言うこともざらなのでここはやはりすでに持っている所で買うのが良いんでしょうなぁ~~~!!
値段はHMVにすると3枚買うと3割引の特典。
でもその分お金掛かっちゃうし・・・・・

悩み深~~~~~い!!

ナナ・カイミの曲を歌うファラーコ君。

最初聴いたのはシモーネのアルバムでしたがこれが本当に秀逸
[20110516]
kantyeri001

久々にECMのアルバムを手にした。
GIYA KANCHELI:THEMES FROM THE SONGSBOOK。

東欧グルジア生まれでベルギー在住の作曲家、ギヤ・カンチェリの映画音楽の曲をアルゼンチンの巨匠バンドネオン奏者、ディノ・サルーシ、ラトヴィア人ヴァイオリン奏者ギドン・クレーメル、そしてウクライナ生まれのヴィブラフォン奏者アンドレイ・プシュカレフの3人編成で演奏した物である。

といっても映画音楽としても私はこれを聴くのは殆ど初めてといって良い。
しかし非常に心の琴線に共鳴するような曲が次々に出てくる。

そこで思い出したのがGurdjieff/de Hartmann[Asian Music for the Piano]と言うアルバム。
グルジェフといえばグルジア生まれの思想家。
一番有名なのは「ベルゼバブの孫達への話」人間の精神のあり方や帰し方そして行く末を寓話で語ってゆく。

780ページにおよぶこの書籍はジェームス・ウエッブが「リヴァイアサン」と呼び、P・L・トラヴァースが「巨大な空飛ぶカテドラル」と呼んだそうな。
とにかくあらゆる所から示唆的な言葉が浮き上がってくると言うような書籍だ。
そんなグルジェフが音楽にもかんでいたのは、このアルバムを聴いてからだ。

これが何と言おうか民族的な旋律を引き出しながらそれを短編のピアノ曲にした感じで、なんとも心に響く。
ロマン派の作曲家が持っていた心の歌をそのまま曲にしたようだった。

そんな印象をそのまま引きこんだような今回の作品。
ディノ・サルーシのバンドネオンがちょっとセンチメンタルに、そしてヴィブラフォンの響きがファンタジーの世界に引きずり込む。

そして何と何時も眼の付け所がいいのかギドン・クレーメル情緒たっぷりの演奏です。
確かピアソラのときもキップハンラハンがアルバムを出した後に反応したのはクレーメルだったように記憶する。
それはヨーヨーがアルバムを出す前だったように思う。

どの曲も外れが無い。
一人静かに夜の帳が下りたら聴いてみてください。



雨と休日でのCD紹介です。試聴可能です。
[20110515]
雪ヶ谷のアパート付住宅18

やはり私は、オリジナルキッチンをお勧めします。
とにかく自由に計画が出来る。

引き出しなんかも、ちょっと重めの物が乗っても大丈夫なように、ドイツのアキュライド社の精密スライドレールなんかも使って。
すべりも抜群です。

ローコストを考えるなら表面はメラミン版を使用する。
此処で気をつけなければいけないのが、扉の小口の処理。

芯まで色の付いたデコラを使用すると強度も満点となります。

天井も変な周り縁なんかはつかないし。

器具も選び放題です。(笑)
(写真は雪谷のアパート付住宅のキッチンです)
[20110511]
oodemarii001

昨日冷蔵庫に入れておいた、りんごジュースを飲もうと蓋を開けると・・・・

プシューって言う音とがしたのでした。
飲んでみるとアップルタイザーの様。

何と軽く醗酵してしまっていたのですね。
これは早く飲んでしまわなければ。

さて庭で美しい花を湛えていた大手鞠。
昨日からの雨でどんどん落花盛ん。

サイダーの泡みたいに消えていってしまいました。
初夏の訪れを感じたしだいです。

アップルサイダーと彼女
[20110505]
timaki001

風が香っています。
とにかく今日はその季節にピッタリの天気。
暑くもなく寒くも無く。

県南の干拓地の一本道を走ると、麦の乾いた匂いがしてきます。
さて今日のおやつは当然柏餅。
柏餅と言えば、岡南の松田屋。

ここ、桜餅も秀逸ですが、何と言っても柏餅。
和菓子屋の柏餅と違って、純然たるもちです。

これが本当に美味しい!!

そして今年は、去年買えなかったちまきを買うことも出来ました。
このちまき、作るのは5月3・4・5の4日間。

出来るのが昼過ぎ。
ゆえに去年は10時に行ったので買うことかなわず。

その教訓を元に。2時に行ってきました。
何と4つだけ有りました。

嬉しい!!!


ちなみに、ディスプレーに使用したお皿は、幕末の錦手。
倉敷の今は無き「なずな美術」で購入。
かきつばたと花鳥風月。
籠と鳥がなかなか良い感じです。

丁寧な作図ですが、ちょっとしたホツが縁にあったので格安の7000円にて購入。
完品なら3万円ついてもおかしくは無いでしょう。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる