インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20110629]
アルゼンチン若手2作001

相変わらず、もうたががはずれっぱなしの私で在ります。
しかし紹介しておきたいブツがどんどん出てきているのはどういうことでしょう。

タチアナ&ベェウサエルトもリリアーナも結局まだ我が家へ来ていないのに、この大盛況。
アルゼンチンどうなっているんでしょうね。
それにユニオンの入荷が異常に早い。(ルシアナ・ジュリィを除いて!まあ他社は大洋レコードのブログで近日入荷をほのめかした程度だから仕方ないか・・・・けちな私が悪い?)

さてまず紹介するのはコンフルエンシア(CONFLUENCIA)。
これジャケットを見た時に気になりながら、MY SPACEまで開けなかったんですが、次の日にユニオンのほうから紹介文が付いて、アギーレの曲をやったり少しブラジルっぽい選曲がなかなか良さそうで購入しました。

男性のパーカッションと女性のギター、それにもう一人の女性がリードボーカルを取る。
非常に爽やかでオーガニック。

アギーレの曲も今だ聞いた事のない曲でなかなか素敵です。

ビニシウス&ジョビンの曲もフォルクローレもピシンギーニャのショーロもアフリカンリズムも一緒くたですが、それを良い感じに一つにまとめています。

MY SPACE 

アルゼンチン若手2作002

さてもう1枚本日到着の1枚です。WAGNER-TAJAN duo 。
これもジャケット写真からもう気になって気に成ってしょうがない感じ。
何かピン!ときちゃうんですね。
すかさず直ぐ下に表示されていたYOU TUBEチェック!!
デュオの動き方が非常に良かったのでもう確信的に即注文しました。

本当に素晴らしかったですよ。
この感の走り様(笑)
殆どが男性のギターTAJANの作なんですが、本当に良い曲を書きます。
ファン・キンテーロかカルロス・アギーレかって言うくらい。

特に4曲目なんてアギーレの世界ですよ。
ピアノの女性ボーカルが本当に良い感じで絡みます。
これは本年度前半期のベストやも知れません。

アーティストウエッブサイト

YOU TUBE
[20110627]
西大寺中三丁目の家11


こんなちょっと冷たい雨が降る日、こんな空間があると大変生活が楽しくなります。
屋根があるので雨が降っていてもへっちゃら。

自然の風も十分に入ってくるし、雨が吹き降りになっても大きな屋根の下で部屋の中までは絶対入っては来ない。
雨を見ながら外部で一体と成る。
雨の匂いをかいだり、するのも良い感じです。

ちょっとした園芸仕事をしてもいいし、乾きにくい洗濯物を並べておくのにも良い。

トップライトが在るともう一段楽しくなります。

写真は西大寺中三丁目の家のデッキにつながる内庭。
トップライトはリビングにつながり、天井は壁上部がガラスの嵌め殺しで視界はつながってゆく。
[20110624]
tanada001

姪っこのボーイフレンドがフランスからやってきて一週間。
妻の休みを利用してどこかに行こうと言う事になりました。
御希望はうどんを食べる事。
それ以外に色々提案したら棚田を見てみたいということに。
それなら、一昨年行った大垪和西棚田が一番だと思った私。
そこを目指して最短距離!!って思ったんですが・・・・・・・

どうも道を間違えたよう。
細い林道をぐるぐる。
車幅と変わらないくらいの道をめぐること半時。
同じ場所に出てきたではないですか・・・・・
標識を見間違い発覚!!
真ん中の道を選ばなければいけないのに、左の道へ・・・・

しかし真ん中も道も格好険しいです。(それでも舗装してある日本の道は快適)
ちょっとした大きな道に出たと思ったら目的地到着。

田植えも終わった、緑色の棚田。
あまりの美しさ、壮大さに感動していただけました。

私的にはそこここに咲く小さな花や蝶に心を動かされたのでした。
美しい日本の風景ですね。
[20110621]
hikouki001

岡山の岡南飛行場からセスナの遊覧飛行10分間に行ってきました。
これは私の妻の父(義父)の誕生会のスペシャルイヴェントとして義理の兄が企画した物。

なぜかやはりセスナは小さいのでちょっと怖く思っていましたが上がってみると何の事はありません。

湿気を一杯に吸った空気が気持ち良い。
麦秋の岡山平野を見下ろし、旭川の洪水防止のT型堤防もよく見えます。

街はやはり緑が少ないですね、そんな中に後楽園が緑の島としてぽっかり浮かぶ。
そして操山の緑がいかに岡山に必要か良く解ったのでした。

10分で3人乗れて1万円ほどらしいです。
あなたも是非!!
[20110614]
しっとりとJavier Albin / las mananas el sol nuestra casa

Jean-Philippe Collard-Neven(ジャン・フィリップ・コラール・ネヴェン)のライブ以来、ライブを聴かれた皆さんの声が聞きたくて・・・・・
まずはMIXI日記検索をしましたが、2・3ある程度。

近頃は、MIXIでも日記を書く方は少数派で皆さんつぶやいておられるよう。
MIXIのつぶやきもマイミクの多い方には、愉しいでしょうがやはり色々な広がりを考えるとツイッターのほうが良さそうと判断しました。

さて、最初に「とにかく残りのJean-Philippe Collard-Neven(ジャン・フィリップ・コラール・ネヴェン)のCDも今のうちにゲットして置きたくなってしまった。」とつぶやいてみました。
そうつぶやくと、Jean-Philippe Collard-Nevenに関係のあるつぶやきがバァ~~ッと出てくる。
さすがツイッターの世界では大絶賛の嵐が吹いております。(コレコレ)

つぶやきの通り、私が持っているのはオリジナルアルバム5枚、彼のオリジナルアルバムは6枚、他の作曲家の曲を弾いたものが3枚あるというので、最大残り4枚なのだが結構迷っておりました。

そうこうする内に、大洋レコードのメールマガジンがやってきて興味深い物が・・・・・・・

Javier Albin / las mananas el sol nuestra casa、Luz de Agua のセバスチャン・マッキの親密な友人。ピアノ奏者にして作曲家 - ハビエル・アルビンがアルゼンチン・フォルクローレの流れ溢れるようなリズムと瑞々しさ、ジャズや現代音楽のリリシズムを併せ持った静かなる作品を、カルロス・アギーレのシャグラダ・メドラから発表。

素晴らしい!!
当然MY SPACEをチェックすると、良さそうですよこれは。
でも、Jean-Philippe Collard-Neven以来もうたがが外れてますよね。
本当に赤信号が点滅しています。(ピーポーピーポー)

そこでつぶやきました私、「大洋レコードのメールマガジン。シャグラダメドラの新譜Javier Albin / las mananas el sol nuestra casa 気になる!!アギーレへのオマージュがあるらしい。でも少し泳がすか・・・・」

するとすかさずダイレクトメールがやってきたのです。
何と相手はHMVの方であのクワイエット100枚コーナーを作った方。

Javier Albin 素晴らしいですよって、4月にアギーレ宅に行った時に薦められたそう。

もうこれは、買いなさいと言われたようなものです。

結局良く考えてみたら、大洋レコードのポイントがたまっていたので、300円ほどでゲットできたのでした。(目出度し目出度し)

さて一昨日夕方注文を入れたのに本日朝にもはややってまいりました。
本当に素晴らしいです。

この湿気をたっぷり含んだこの水の季節にこそ聴いて頂きたい。
マルセラ・パサドーレのスキャットが心地よく流れてゆく。
そしてモノ・フォンタナやアギーレへのオマージュ。
そしてアギーレの曲も演奏されています。

もう一度言っておきます。
すべての音楽ファンにお勧めします。

Javier Albin のMY SPACE
[20110611]
玉島柏島の家001

壁の一部を本棚にする。

構造に必要な間柱(普通は30x105)を足場板(30x220)で作る。
こうすると奥行き22センチの本棚ができます。

内壁の間仕切りに使うと難なく収まります。
外断熱にすると外壁にも作る事ができます。

巾は耐力壁として使用したいので、450ピッチ。
少し重たい本にはこれくらいでちょうど良い。

自由に桟を打って高さは調整する。

A4の大きさなら本当にピッタリと収まるのです。
家中本棚の家作りたいですね。
(写真は玉島柏島の家の子供室)
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる