インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20130111]
yukigaya 001


住宅の安全性を考える事は今や必須状権になりつつあります。

どんな手すりをつけるのか結構考える事が在ります。

階段室は特に色々な要素が入ってきてデザインの見せ場に成る場合も多いもの。
ありきたりの手すりをつけてしまうとそれこそ空間が死んでしまう事もあります。

写真は雪谷のアパート付住宅の住宅部の階段室。
直径10センチ程の円柱の手すり子に直径42ミリの手すりをつけて安定感を出しています。

手すり子と手すりはグラデーションで色を変えて器械のような雰囲気で。

手前は壁を一体化させた特注照明。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる