インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20130208]
琉球畳

縁無しの畳が流行しているよう。

「畳の縁を踏んではいけません」これは今も続く作法の一つです。
理由は、縁は折り曲げている為にそこだけ切れやすくすでに成っているからです。
ですから縁で補強をして、なおかつ踏まないようにする。
物を長持ちさせる良い方法です。

昨今では畳表の裏側にビニールのコーティングをして縁無しの畳を作ったりします。

でも本物はこれ。
い草では無くて、竹の一種です。
ですから曲げた部分も強い。
柔道の畳もこれを使っていました。(今ではビニール畳)

さすがに少し硬いのでふちを折り曲げたときにでこぼこができる。
でもこれが表情が有って良い感じに見えます。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる