インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20140615]
ivanlins001

ブラジルW杯、日本初戦負けちゃったですね・・・・残念というかまだまだというか・・・
さてそれでも予定通りの物はやってくるのです。

このW杯記念にブラジルもののCDの廉価版が出ているんですね。
bombaレコードなんかもやってるんですがまぁ財政緊縮の織EMIに反応することにしました。
BRASIL1000シリーズ。
その中でもちょっと楽しみにしていたのが、IVAN LINS [SOMOS TODOS IGUAS NESTA NOITE]邦題は「今宵楽しく」です。

ivanlins002

私がIVAN LINSを追っかけ回していたのは33年ほど前。
フュージョン・クロスオーバー全盛期。
なんといってもまず発売されたジョージ・ベンソン「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」。
これで何曲か紹介され、そしてプロデューサーのクインシー・ジョーンズが満を持して出した「愛のコリーダ」。
これでもうIVANのとりこになったんですね。(ジノラージノラーもトゥーツ・シールマンのヴェラスも最高!)

クインシーの取り上げた曲はどの曲も素晴らしかったというのもあるんですけど、その編曲も当然素晴らしかった。
しかしやはり原曲をどうしても聴きたいと思うのが人情というもの。

そのころこの手のアルバムを探すには輸入盤屋をあたる。
住んでいた国立だとレコードプラント。
しかしここでは見つけることができず、どちらかというとジョルジ・ベンなんかのサンバ物が多くて・・・

ここの姉妹店が吉祥寺にあったのでそこへも足を伸ばすことが結構頻繁でした。
そのお店はDISK INN(ビルの二階へあがってゆくんですよね)。

吉祥寺の南口井の頭線の脇の階段を下りてすぐのバス通り沿い(結構狭い)この道ともう一つ南の井の頭通と井の頭線の高架とで三角地帯ができていて2軒ほどの中古盤屋があったりギター専門の楽器屋があったり。
あぁそういえば建築家の東孝光が設計したサロン[ZU]なんて言うのがあって、アルフレックスやB&Bなんかのイタリア製の革のソファーがあって、哲学書が何気においてある風情が好きでよく通っていたっけ。

さてそのDISK INN今でこそレコードプラント、キティーレコードのアンテナショップだったわけだからここもそういうわけだったんでしょう。(時代が作った宝物のような場所でした)

IVAN LINSもたくさん扱ってました。
[Novo Tempo][NOS DIAS DE HOJE][ある夜]。
特にLEMBRANCAの入った[Daquilo que eu sei]を見つけた時は手が震えたものです。 

しかし、そこで一番欲しかったのが曲名MAOS DE AFET「暖かな手」が入ったアルバム。
しかしこれがどうしても見つからなかった。
この曲はクインシー関係ではなくて、リー・リトナーが全面的なバクアップの元作ったオランダの歌手ERIC TAGGの[DREAM WALKIN']の最後に歌われる曲でポル語で歌われるこの歌が何ともしっとりとして良い感じに響いていたんです。

ivanlins003

その後事あるごとに探してみるもののなかなか巡り会わず。
そのうちIVAN LINSへの熱中度も冷めてしまって今ではお隣のアルゼンチンの音楽中心に聴いている状態。

当然その間もこのアルバムはCDにて再発を何度もしていたし、今の日本ではネット経由で初期の物から今のものまでなんでも買えてしまう。

まぁこんな格安なことでもないと再会はかなわなかったかもしれないですね。

さっそく今聴いていますが本当に良い曲です。
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる