インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20141027]
kuraunn001

まだ何にもわかっていない5歳の幼稚園児の頃のことでした。
無類に車好きだった私は、タクシー乗り場でいつも行けずを言っていました。

そのころのタクシーと言えばほとんどがこの車トヨタクラウン。
今ではこの車のことをその顔つきから宮型と呼ばれています。

このデザインは紛れもなくモータリゼーションの最先端でその当時の会社が学ぶべき対象アメリカ車をリデザインしたものでした。あのでっかい翼のあるクライスラーなんかをコンパクトにした感じ。(プリンスのデザインもそうでした)
しかしその若干後から画期的なデザインの車が出てきたんです。

その名は日産セドリック!!

直線的なデザイン、縦2灯ずつ4灯のヘッドライト。細い縦のリアランプ。
衝撃的でもありました。

そしてそれがタクシーでやってくる。

どうせ乗るんだったらセドリックに乗りたい!!
こう思うのは子供ゆえ仕方のないところでしょ??

でも順番が来て扉を開けてくれるのに微動だにして乗らない!
そして決め台詞は「セドリックじゃなきゃあ乗らない!!」。
運転手は怒るは、母は平身低頭「セドリックじゃなきゃあダメなんですって!どうもすいません!!」本当に迷惑な子供です。

でも出先ならまだいいんです。巡り合うまで待てばすむんですから。

本家で法事があったときなんかでもこれをやる。
タクシー呼びつけているにもかかわらず「セドリックじゃなきゃあ乗らない!!」。
これじゃあ帰ってもらうしかない。
それで行きそびれてしまうんです。

今度は車に乗れないことで大泣き。
ほんとに難儀なやつでした。(も一度反省!!)

その後クラウンも直線デザインになって何も言わなくなるんですけどね。(それに小学校に上がったし・・・・)

結局思うのは、ちょっと新しくてマイナーなものがこよなく好きなんですね。

この性癖は今も変わってないかぁ~~~~!!


昨日行った玉野深山公園瀬戸内クラシクカー&二輪車ミーティングにて。(今見ると結構かっこいいです!!反省!!)
[20141004]
kan001

鉄板をプレスして浮き彫りになったクローバーとアザミと花が素敵な缶です。

持ち手も付いていてお洒落な感じ。

クッキーではなくって、ビスケットの缶です。
私のイメージからするとクッキーのほうが高級に思えてしまう。

黒くなっていますが本当は紺色だったと思われます。

しかしこんな手の込んだ缶に入れられたビスケットってその当時にすると幾らしたのでしょうか。
結構な値段だったんだろうなぁ~。

もう何年も前に京都のパルスプラザである京都大骨董市で購入いたしました。

いつか上手に花が生けられたらと夢想しておりますが、なかなか上手く行きません。

kan002
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる