インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20150427]


良い曲ですね!!
数日前から自然に口ずさんでます。

私が大学に入学した当時初めて聴いた曲です。
たぶんその2・3年前からはやっていたんでしょう。

高校入学時にラジカセを買って、その時期の欧米ポップスに目覚めてから1年半ほどはその世界にどっぷりとつかっておりましたが、やはり周りの影響というか、周りがフォークソング全盛期に突入していくとそれを聴かないと女性に相手にもされない。

別に相手にされなくてもいいわけですけど、特に素敵な女性ほど結構高感度な訳で・・・

でもやはり大学に来ちゃうとやはりどんどん上には上がいてしまうわけです。
そして最初期に学科の友人となった男の後ろについて入部したのがとあるクラブ。
それも希望して入っていないので時期が少し遅れ気味。

新入生歓迎コンパの前に入部して、その2週間後にはその後在学中は1度も欠かさなかった西武園遊園地絵の遠足。
(西武園には入らなくて、多摩湖・狭山湖あたりの空き地で遊ぶ)

そんな時「自分はジョン・デンバーの隠し妻」だと公言している女の子が居りました。
もうジョンデンバーのことなら何でも知ってる。

でも直接話してみると、すごくはにかみ屋で声も小さくて、でも確固たる価値観を持っている不思議な女性でした。
見た目はジーンズのオーバーオールにトレーナー。(その当時の美大生の典型的な姿)
カモシカのように細くてでもガリガリではない。髪の毛はマッシュルームカットでした。
当然新入生の中でも目立つ存在。

その後私にポピュラー音楽のいろいろを教えてくれた御仁のお気に入りだと聞き及びました。
当然この方はイラストレーターをめざし、今はまごうことなきイラストレータであらせられますが、もう目指してこのクラブに入っておられるのでもうこの1ヶ月の差が歴然としています。

まぁしかしその御仁は遠足には来られなかったので一言二言彼女と並んでお話などで来たのでした。

その時教えていただいた曲。

そうあれは狭山湖の周回道路のようなところで今日のように少しかすんだ天気の良い日でした。
[20150424]
kasiwaoo2

2週間の雨模様、少し蒸して季節外れ・・・火曜日からてんきがいつものようになりほっと一息。
木曜あたりからこの気候に誘われてむくむくと季節の味が恋しくなりました。

当然私がこの手のものを買いたいときに行く店は岡南の松田家。
でも今年に入ってから木曜日も休みにしたみたい。
桜餅の時期何度か振られました(残念!)

やはりこの手の店は少しずつジリ貧なんでしょうか。
スーパーとは圧倒的においしさが違うのに・・・
和菓子屋よりずぅ~~と安いのに!!
造り手のおじいちゃんも寄る年波に営業を左右されているんでしょうね。

今日はそのおじいちゃん店頭に立って品物を渡してくださいました。
心の中で「いつまでも元気で仕事してね!」って言いました。

お皿は明治期の紙擂り印判の変形皿。(普通の印判よりシンプルな図案でこの風情がなかなか素敵なんです。パルスプラザの骨董市にて購入しました)
布は手差し布の和更紗。(こちらは東京のビックサイトであった骨董市で入手しました)
[20150407]
kyaroru


私の年になるともはや爆睡するなどという心地の良い世界から離れてしまう。
その長い夢から覚めた一日は夢の続きのように心地よく今でも思い出されてしまうのはなぜだろうか。

その頃は日曜日は、結構寝坊をしていた。

しかし9時になると起き出してFM東京にチューナーのダイアルを合わせていた。
ライミーという女の子の日常を綴ったラジヲドラマを楽しみにしていたのだ。

私は朝ごはんのコーヒーを入れたり、布製スニーカーをたわしでごしごしと洗濯をしながら
その他愛も無い話を聴く時間が堪らなく贅沢な感じがしていたものだ。

当然恋の話や、思春期の心の動きをドラマのお話に作ってある。
そしていつも彼女の誠実で真面目な向き合い方や選択に心温まりながら胸が熱くなるのだ。

そしてそれ以上になんと言ってもその合間にかかる音楽が素敵でタイムリーなのは特筆物だった。
この選曲からアルバムを手にしたものも多い。

ソフト&メローと呼ばれた、その当時の選曲。
ジョージ・ベンソンの「メローなロスの週末」であったり、フランク・ミルズであったり、
アール・クルー、リー・リトナー、ナタリー・コール、ジャニス・イアン、
マイケル・フランクス、カーラ・ボノフ、サイモン&ガーファンクル、
リチャード・クレイダーマン、ジョー・サンプル・・・・・・・あぁ書ききれない!

とにかく私にとって新鮮でお洒落で、ちょっと背伸びした曲がいっぱいだった。

そう、ある日かかった曲に心が引っ掛かり、最後のオンエアリストを待った曲を一つ思い出しました。

メリサ・マンチェスター「雨に祈りを」

日曜日にはこれまた定番、ラジヲドラマの後は、駅前のレコード・プラントと国立楽器の二店のチェックに行くのが日課。

その日はメリサ・マンチェスターは見つからず、代わりに見つけたのが、同じ曲の作詞担当のキャロル・ベイヤー・セイガーのアルバムでした。

どうしてもその曲を聴きたかった私は、迷うことなど無かったのです。

針を落として十数秒・・・・。

かすれた声に素敵な楽曲、アップな曲もスローな曲もこの声、この囁き。
とにかくバックがどうの編曲がどうのと言うのはどうでも良い。
彼女の誠実なありのままが語られて行くようでした。

その日の内に、もう一枚在った別のアルバムも手にしていたのでした。

今でも年に数回買い換えたCDをトレーに乗せます。
あの誠実さは今日も変わり無く私の心に囁きかけます。

あの頃、萩尾みどりさんが演じていた<ライミー>と一緒に



[20150407]
西大寺中三丁目の家01

東側ファサード(新建築住宅特集9908表紙)





西大寺中三丁目の家02

南庭からリビングを見る





西大寺中三丁目の家03

リビングから南庭を見る





西大寺中三丁目の家04

階段室 二階南を見る





西大寺中三丁目の家05

中二階から西を見る





西大寺中三丁目の家06

リビングダイニングからキッチンを見る





西大寺中三丁目の家07

キッチンからリビングダイニング(東側)を見る)





西大寺中三丁目の家08

南庭が向こうに見える





西大寺中三丁目の家09

リビングダイニング南側を見る





西大寺中三丁目の家10

子供室







copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる