インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100421]
01002

光の世界を追求してゆくと自然と影の存在を意識することとなります。

その影が映るということを日本の障子は上手に演出してくれます。
白い明かりの上に、前の格子の柄が重なってくる。

これは光の具合について色々なことを教えてくれます。
微妙な光の強さ、色合い・・・・・。
普段気付いていないことを依り強く意識させてくれるのです。

少し黄色を帯びた光は秋の気配を指し示すし、くっきりとした強い影が夏の訪れを知らせる。

もう一つ障子の格子とその前の格子が重なることで複雑な模様を作ってくれることにもなります。
白い障子の効用ですね。

写真は建部の家、春の近づいてきた頃の障子です。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/1001-98d1a6d5
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる