インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100424]
touhaku003


さて今回の第一目的は長谷川等伯展ですが、もう一つの目的は去年行った原谷苑の今の状態を見てくるというものでした。
4日ほど前まではまだまだ見ごろというものでしたが・・・・・

時間を見るとそろそろ二時半過ぎ、原谷苑まで行って帰るとなると3時間少々不安になって結局長谷川等伯展のほうを先にということになりました。
でも話によると締まる間際がゆっくり見られて最高と言うのもあってこちらも少々不安。

さて行ってみたら、雨だというのに素晴らしい人出であります。
入場20分待ち!
周りの会話が聞こえてきて「今日は20分待ちで結構ラッキーやったなぁ~~」「フェルメール展のときは2時間待ちやってん」。
そうか~~これでラッキーなんや!!と納得して入場。
しかしひどい人ごみです。
画面の前を皆さん動く気配がありません。
まぁ私は人より少し背が高いので、結構見ることができましたが・・・・・
相変わらず私は全体をざぁ~と見てそれからお気に入りの作品をじっくり鑑賞するという形です。
今回私が気に入ったのは、「波頭図」「柳橋水車図屏風」「すすきにはぎ」と言ったものでした。
しかしこの状態ではゆっくり見るなんてうまく行かないですねぇ~~。

先々週の金比羅山の伊藤若冲の襖絵や床絵は座敷の畳に座り込んで30分ぐらい瞑想しながら眺められたのに。
やはりそのものがある建物で鑑賞するって言うのが一番ですね。

さて見終わったのが4時過ぎ一応電話を入れると4時半までに入園5時に締まりますからそれまでならOKとのこと。
国立博物館から原谷まで40分はかかりそう。
とにかく外から見るだけでもいいから行ってみようと言う事に。

やはり予想どうり到着は4時45分。
しかし受付の人は「5時まででよければ入ってもいいですよ。」300円ですって。
一番いい時期は1500円なのでずいぶん下がった物です。(雨もあるしね)

いやぁ~~枝垂れサクラは落下盛ん状態でした。(でも写真で取ると結構それなりに写るんですけどね。笑)
今いいのは八重サクラです。

一番上のところでは職人さんたちがたむろしてお話をしておられます。
その中には去年まだ早い原谷苑でお話を伺ったオーナーの方も。
私たちのことを覚えていてくださいました。

さてその後京和菓子でお茶をしたいということになって、今出川堀川の鶴屋吉信に行こうと言う話しに。
しかしこちらも少々時間が心配。
でぇ~~ついたのが5時45分。
店じまいが6時と言う事でお茶室は5時半修了ですって。
ここでも軽く如何してもお茶したい話をすると、6時までお抹茶と生菓子ならOKということに。

今回は本当に時間ギリギリ(過ぎてるって!!)
何とかお茶もいただいて帰路に着いたのでした



管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/1006-eefb670f
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる