インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100513]
coifeur001

昨日我が家にやってきたCDに早くも嵌りつつあります。

先週末いつものようにネットショッピングのチェックを怠りなくやっておりますと、大洋レコードで気になる物件がでていました。
アルゼンチンの吟遊詩人といわれている、coiffeurの新譜がアップされていたのです。

彼のデヴューCDは変形ジャケットでちょっと変わったテイストでした。
声質はちょとウルグアイのホルヘ・ドレクスレルに似た感じで、ギターをかき鳴らしながら明るめの歌を歌う感じはアルゼンチンのオザケンと云う所かと思わせました。

やはりちょっと荒削りな所があって今後に期待される物がありました。
そう言えばあれから3年余りも経ってしまったのですね。

彼のホームページは魚の隠喩を使った構成でなかなか素敵でしたが。
今回の新譜の発売に合わせてちゃんと模様替えがしてありました。
やはり水の隠喩が今回も出てきます。
波の花とでもいうのでしょうか。

非常に美しい渦巻きが展開されてゆきます。
前回の収納しにくいジャケットから、おなじ変形ジャケットでもなかなか取り扱いしやすい形に変わっていました。
勿論サイトのデザインと同じです。

さて今回かなり触手を刺激されたのが、去年ミニマルなピアノ曲を[LOS DIAS]を出したJUAN STEWARTが全面参加。
それに今春一番のお気に入りに入っていた[ROCHA]を出していたPABLO GRINJOTがバイオリンで参加していると言う事でした。

これは見逃すわけには行きません。直ぐに購入手続きをしました。
なんとアップされたその日にこれも直ぐSOLDO OUTにあってしまいました。
迷いなく購入していて本当に良かったぁ~~!

さてその作品の感想。
まさに[LOS DIAS]のあのピアノとシンセサイザーの静かな世界にPABLO GRINJOTの弦楽アンサンブルが絡んで爪弾きのギターのcoiffeurのヴォーカルがかぶさってゆくと言うもの。
昼下がりのひと時にバックに流していると和んできますね。
PABLO GRINJOTの時にも書きましたが環境音楽といってもいいくらいです。

あぁ!!暖かい紅茶が飲みたくなって来ました。

coiffeurのホームページ。

ここからMY SPACEに入って内容を聴くことが出来ます。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/1026-69e78e6a
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる