インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100614]
nils furam001


去年私のメインCDショップだったDISK TRANSから本家のGREEN HOUSEに移っていた店員さん、店をやめてから悠々自適でしたが満を持してとうとうCD屋さんを始められました。

しかしこれがCDの行商屋さん。

いろんな場所に出没してはCDを売っている模様。
[流しのCD屋]とも呼ばれています。
当然城下公会堂で模様される会のメインの参加者でもあります。

予感はあって、今年初めから[間(あわい)の音]というブログを始めていました。
さすがに素晴らしい音源を紹介しているブログではありますが、全て紹介しているものが購入可能かといえばさにあらず。
今では殆ど流通していないけどって言う品もたくさんあります。

私もここのところ必ず毎日のブログチェックを行なっております。

さて今回は、かなり気になったものがあったので急遽連絡を取って、在庫確認購入に踏み切りました。

しかしブツを取引するには結構手間がかかる。
指定の場所を言い合って時間を決めてそこで取引をする。
小箱にはいっているCD を取り出す様は危ない感じがしてくる始末。

とにかくブツは手に入れましたが、まだまだ面白そうなブツを囲っていそうで近くに又一度取引をする予感に満ちております。

さて今回手に入れたブツ。
nils frahm / the bells  
ニタァ~~と笑ったモノクロームのポートレートが特徴的。
なかなか紹介がないとこんなブツは手に取らないですね。
ドイツのレーベルKning Diskの「 ソロ・ピアノ・シリーズ」と銘打ったシリーズらしい。

このKning Diskまだたくさんの作品はリリースしていないもののECM系の感じが素晴らしい。

そしてこの作品はにたぁ~~な兄さんnils frahm が教会で録音したソロピアノです。(彼はwinter musikという佳作をKning Diskから出していて今回はそちらも入手しました。)
演奏の感じはソロコンサートの頃のキースジャレット。(あえてケルンとは言わないケルンは別格と言う事で)

左手でリズムを刻みながら弾く奏法といい、その後に出てくる美しい旋律といい、なかなか素晴らしいです。
こう云う教会で録音した物は大音響で聴きたいものです。
そうしないと残響が強すぎて変な音に聞こえてしまう・・・・・。

しかしながらなかなかこう云うものを見つけてくるのは結構大変です。
ラテンのほうは何とかなっても、この世界は私のネットワークでは難しい。

これからもこのCD行商人のお世話になることが多くなってしまいそうです。(CDの買いすぎに注意したい)

間(あわい)の音

Nils Frahm myspace


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/1064-b7864cac
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる