インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100801]
rumble001

さてどんどんリリースされて止まない、アルゼンチン新世代フォルクローレ系のアルバム。
これに全て付き合っているとお金がいくら有ってもたまらないことが、足りない頭をしてもわかってまいったしだいです。

今月から諸所の事情もかんがみて、月に2枚という限度を設けました。
以前より月に1枚という設定をしていたのですが、守られた為しがない。
守られない目標は変えたほうがいいという、MIXI諸氏のアドヴァイスもあってこのたびこの目標と相成ったしだいです。

さてそれでも今回はこの一枚を書かずにはいられなくなりました。

RUMBLE FISHの新作[Los viajes del dia]。
このジャケットも少々考えてしまいそうですが、念力を使って見ますとこれはよろしいと出てきました。(あんたは霊能力者か!!)

とにかMY SPACEでリーダーのギタリスト、クラウディオ・ボルサーニの所を聴いてみますとそこそこよさげではあっても釈然とはしなかったのです。
もうこうなるとジャケットをにらんで念力を送ってみる事しかできないのです。

丁度タニィ TANNYサンとお話をしている時に、一緒にユニオンでアップされていたETHEL KOFFMAN FLOR VERBENA の話が出て「私のお気に入りベストに入るものだから買いですよ。笑」といわれた物で踏ん切りがついて、どうせ送料がつくならこれも行ってしまえ!!とポチッとしちゃったのでした。

しかし意外や意外!昨日私の手元に到着してみると、こいつがことのほか良かった。
フォルクローレジャズ系インストゥルメントとして一級の作品です。

クラウディオ・ボルサーニのギターと静かなコーラス。
マヌエル・セルードの美しくも優しいピアノ。
それにベースの弦楽器とパーカッションというシンプルな構成。
曲にはアギーレの曲やキケ・シネシの曲も並べられています。

そして最後の曲なんか本当に素敵。
これはパット・メセニーグループのペドロ・アスナールのボーカルナンバーに驚き、カルロス・アギーレの優しい世界に酔わされた、あの世界に続いて行くような作品です。

とにかく今年の収穫の一枚と私は断言しておきましょう。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/1107-8b1edfa4
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる