インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20110902]
himawari001

私とことんひねくれ物です。
昨日の朝、山陽新聞の写真を見て笠岡干拓地にあるコスモスを観に行くことにしました。
行きがけの駄賃に倉敷酒津公園の北のはずれ、児島寅次郎のアトリエがあった辺りに出来たカフェに寄って行ったのでした。

とにかく抜群のロケーションです。
酒津公園の桜並木の一部も見え、何より酒津の堰から流れてくる河のほとりにある。それも一つの大きな流れと、小さな流れにはさまれるようにたたずんでいる。
この場所を店にした、のは素晴らしい決断ですね。

開放的な日本家屋の特長を生かした河を眺めるカフェです。
少し手を入れたインテリアはKU:NELな世界です。
テーブルには骨董の座卓が並び、倉敷ガラスを使った花瓶には季節の山野草を飾る。

BGMはなしで、ガラスの風鈴が聴こえてくる。
丁度台風前で風も心地よく吹き抜ける座敷縁側。

只・・・・カレーライスはいけません。
良くある業務用ストアーのカレーに玄米御飯、季節野菜のソテーが乗っけてある。
これが1000円近くするんですか・・・・・

何かあざとさを感じてしまうんですよね。(ひねくれ者です!お許しを!)
商売だから仕方が無いと言えばそうですが、やはりこれが好きなんだ、みんなに食べて欲しい!という心が感じられない。
インテリアにしてもこう云うのが今の若い人のトレンドなんだよねって言うさめた感じがしてしまう。

もっと思いの詰まった場所にして欲しかったなぁ~~。
ロケーションが良いだけに残念。(特に私の好きなKU:NELの世界だから余程と思ってください!)

さて笠岡のコスモス畑。
ここは数年前に行った菜の花が植えてあったり、ひまわりが植えてあったりしたとこじゃあないですか。
道の駅できてますよ。
今年の春に出来たそうな。

コスモス畑を一瞥して、道の駅を覗く。
笠岡の魚介類や野菜、近くの鴨方の麺類も並ぶ。
福山の阿藻珍味もあります。

何か好感を持てしまうのは、さっきのカフェとの違い。
こんなのをここで持って帰って欲しいと言うのが明確に感じられる。

さて外に出てもう一度コスモス畑を観ましたが、まぁこんなもんでしょう。
綺麗に咲いてるから話題にはなるでしょうね、でもメキシカンコスモスのオレンジ色が多いなぁ。
たぶん時期的にこちらの方が暑さに強いんでしょうね。

でぇ~~、今日の気になった一番の風景は、枯残ったひまわりの姿。
うつむきながら突っ立っているその集団の姿。
見捨てられた世界に真実が漂うようで心をわしづかみされました。
行く夏を凄く感じました。(ありがとう御座いました!!)

季節を感じた一日よしとしましょう。(捻くれ者がほざくほざく!!)

PS・笠岡の道の駅で買って帰ったシャコが乗った練り物非常に淡白で美味しかったです。これはこのあたりの名産になるかも。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/1271-1a26505c
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる