インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20081027]
tumiwara001

稲を刈った後、昔は竹を組んで自然乾燥し、その後脱穀をしていましたが。
今では、稲刈りと同時に脱穀し藁も短く切って田んぼにまいてくれるようです。

しかしところどころで藁を束ねているのを見かけました。
これはその後どうするのでしょうか。
ところどころでは、丸く束ねられて家畜の餌にでもするような感じにしてあるものもあります。

私が小学校の低学年の頃は、脱穀の終わった稲藁は、田んぼの中央に積み藁にして春まで置かれていました。

少し寒くなった季節には、この積み藁に包まって遊ぶのが大好きでした。

走って飛び込んだり、かくれんぼの隠れ家にしたり・・・・・
温かさもさることながら、太陽の臭いがしてきて、ちょっと前の季節を懐かしく思ったものです。

でも田んぼの持ち主にとっては、迷惑この上無い輩です。
何しろ田んぼを踏みまくり、束ねた藁を散らかしてゆく。

でも本当に短い放課後の数時間安心して遊んでいたのを懐かしく思います。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/315-6ade9c71
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる