インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20090119]
taturou002

昨日は、私の誕生日プレゼントに妻が取ってくれた山下達郎のコンサートに行ってまいりました。
久々の大ホールのコンサートです。

岡山の公演がないので、福山のリーデンローズというホールです。

学生の頃、友人から聞かされた「スペーシー」で和製ポップスに入門し「ゴー・アヘッド」を毎日死ぬほど聴いた時期があった事は認めますが、取り立ててディープなファンとは言いがたい私。

でも達郎のコンサートには無常の楽しみが在るのです。
それはバックミュージシャンの演奏を聴くこと。

あの頃聴いていた懐かしい曲で好きな土岐英史のサックスや難波弘之のキーボードの動きを堪能する。(当然、達郎の歌声は全く衰えを知りませんね)

今回の目玉は、今回入れ替わったドラムの24歳、小笠原拓海。
山下洋介のバンドでフリージャズみたいなことまでこなしていた若き才人です。
ドラミングはシンバルの華やかさは多用しないが、バランスの良いパワフルな感覚。
ジョン・ロビンソンを渋くしたと言った感じでしょうか。(何の事かよう判らんね!)

さてコンサートでは色んなほかのミュージシャンの曲を曲の中のアレンジで聞かせたりもしてなかなか楽しかった。

難波弘之はジョー・サンプルのメロディーズ・オブ・ラブを挟んだり。
でも私的には、難波弘之は日本でリチャード・ティー風の演奏が出来るただ一人の人だと想っているので、スタッフのフーツあたりの感じでやって欲しかったりもする。

土岐英史のソプラノ・サックスのからみ加減も良いですね。(この人のサックススタイルは他に比べる人が居ない。オリジナルです。)

とにかくバックのクオリティーの高さは最上と思われます。
でも今日は、昔のライブ盤「ポップ・イン・タイム」を聴いてしまう私・・・・・。

□  by leeko

懐かしいお名前を見つけました。難波弘之さん。
センス・オブ・ワンダーを見て、うわーかっこいいしうまいしー!
と、TVで見たのはたしか20年前ですね。

昨日、新聞といっしょに、プレゼントを送りました。
楽しみにしないで待っていてください。明日届くそうです。

2009-01-20(Tue) 14:22 | URL | #LPTWbZ8I [ 編集 ]
□  by はるひこ

★leeko様
24日の昨日になってこのコメント発見いたしました。
テレテレ!お恥ずかしいごめんなさい。(笑)
センス・オブ・ワンダー
は私知らないのです。
正統的なファンではありません。
でもあのピアノは大好きです。
さてプレゼントの件のお話は日記に掲載中。
気付かなかったのが幸いだったかも!(笑)


2009-01-25(Sun) 08:12 | URL | #7ENWa6VY [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/435-f437ee78
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる