インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20090223]
gosyobou002

1時過ぎに有馬に到着。
御所坊グループ、有馬里の駐車場を探してウロウロ。
なんとロープウェイ乗り場の直ぐ下、有馬の町からかなり上に上がった所にあります。

此処で御所坊で入浴・食事が出来るか確認。
この駐車場からロンドンタクシーに乗って御所坊まで連れて行ってくださいます。
13年前を思い出します。

gosyobou003

御所坊は、谷崎潤一郎や吉川英冶も宿泊しております。

建物は木造3階建て昭和初期の建物を基本に現代風にリフォームされた旅館です。
有馬のこの昭和の温泉旅館に来たかったのです。
ですから入るとそこは旅館の上がり框です。

入ってすぐの所に小上がりが造ってあってそこには火鉢の火がいこっています。
手をあぶったほのかな温かさが気持ちを和ませます。

小上がりには丸い2組の掘りごたつ。

その横がちょっとしたお食事処となっております。
今回は、此処で食事をいただく事に。
別に入浴だけでもいいわけですから、安くて美味しい店で食べてくるのも一考です。
夜も視野に入っているので、軽めに蕎麦懐石をいただく。

丁寧に作られ、山里らしい趣向が好感が持てます。

さて念願の金泉・銀泉のお風呂。
こちらは上手に新しくされたお風呂です。

特に金泉は湯を張った斜路になった細い通路を通った先に浴槽がある。
暗い所から開けた場所が浴槽です。岩で組んだつくりのお風呂。
一番先まで行くと隣の女性風呂との境が低くなって顔をのぞける事ができます。
軽く話なんか出来る所がいいですね。

湯は金泉なので茶色に濁っていますので湯の中は見る事ができません。(立つと丸見えになりますよ)

湯から上がるとお風呂の外にまた小さなアルコーブ状の小上がりがあって此処で麦茶なんかを楽しむ事もできます。

gosyobou005

旅館内を探検すると、そこ此処にイギリス・アンティーク家具が置かれ、本・雑誌が置かれほんとに心が和みます。
メインダイニング(今回は使用中を見る事はできませんでしたが、・・・)此処もイギリスの小さなマナーハウスのようで素敵です。

gosyobou004

極めつけは、先ほどロンドンタクシーを降りた所にある車待ち用の部屋。
此処にもアンティーク家具が置かれ、アラジンの石油ストーブが誰もいないのに炊かれて何時入っても暖かくされていることです。

本当にセンスの良さに感心しました。

因みに入浴だけは、暇な時の12時~3時まで。
タオルつきで1580円。

今回の蕎麦懐石は2980円でした。

御所坊


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/485-a2716c68
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる