インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20090418]
tutuji001

若葉した山のところどころに

火のように燃えるつつじの花

麦の穂も出揃った明るい縁側で

蜂蜜のビンにレッテルを貼っていた

げんげの花の蜜であった

家の中で時計が十一時を打った


毎年若葉の季節に成ると思い出して、口に出して朗読してしまう詩です。
どういう訳か小学校の4年生くらいの時に、覚えてしまいました。
確かその頃私より頭の良い同級生が、教科書に載っていた此の詩を覚えていて、妙にかっこ良かったのです。

しかし此の詩の本当のよさが解ったのは、故郷を一度離れてからでした。

最後の「家の中で時計が十一時を打った」の所に来ると、書かれては居ない冷たい土間や、黒い柱が浮かんできて、そのかけがえの無い穏やかさや無条件の愛を感じて、もう戻ることの無い時に胸が締め付けられる感じがしたものです。

そろそろ児島湾干拓地では麦の穂が出揃いそうです。

mugioo1


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/556-38035ea9
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる