インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20090427]
saburou001

さて、終わったつつじの後は菜の花目指して笠岡へ!
私が勝手に岡山の海岸線ドライブでは最高の場所と思っている、玉島から沙美海岸・寄島を抜けて笠岡にいたる道路を走る事となります。

妻が「海岸の際にカフェがあるらしいよ」と言う一言で丁度お茶の時間とする事としました。
場所をインターネットで検索。(便利な世の中です)
★島のさ※ろ岩の海岸にあるという。
とにかくさあ※ろ岩を目指して★島に渡ってゆく。

丁度大潮の引き潮の時間でさ※ろ岩周辺は潮干狩りの人でいっぱい。
その駐車場のはずれに、階段があって砂浜へと続いてゆく、これがさ※ろ海岸。
海岸の果ての方に赤い旗があって何か構築物が見える。
駐車場からは300メートルほどか。とにかく私達は調査隊ですから行ってみます。

足の少し悪い義母と妻はゆっくりと、私はさっさと着いたのでした。
本当に海岸の際です、それから先は砂浜のみ。
周りには道さえない感じ。

建物はちゃんと海に向かって大きなガラスの開口部が設置されている。
このシトゥエイションは岡山でも初めて。
これを実行に移したとは、拍手物です。

しかしガーデニングが趣味なのか結構変わった花が顔を出しています。
原種のラナンキュラスがあったのでちょと写真を。
とシャッターを切ると、店主らしき人が出てきて「勝手に写真を撮らないでください!」といわれる。
私「申し訳ない」と謝る。

とにかく調査隊ですからここで怯むわけにも行かないんですよ。
さて皆さんの到着を待って店内へ。
この臭い、ちょっと・・・家庭の台所の臭いではないですか。
店は先ほど出て来た男とその母親がしているよう。

一応「先ほどは御免なさい。原種のラナンキュラスがあったので思わず写真を撮っちゃって。」ともう一度謝っておく。
男は「あぁ・・・」と応じただけ。

かなり小さいのでテーブル3席程度。
海に向かったカウンター席が有ればもっと良かっただろうに。
かかっている音楽は、ノラ・ジョーンズ。
まあお決まりにお洒落な雑誌が並べてあったりする。

テーブルにはアルバ・アアルトの花瓶らしきものがあるが、本物かどうかは定かではない。
とにかくランチョンマットが敷かれ、ランチのときに必要な調味料容れも置いてあって雑然としている。
椅子はアンティーク風の肘掛け椅子。

少々歩いてきたので、冷たい物と思ってミックスジュースを注文。
私は昔ながらのバナナの入ったミックスジュースを連想していましたが、アップルジュースを中心にしたイチゴをミキサーにかけたものでした。
まあこんなものでしょうか、550円。

しかしこんなにシトゥエイションがいいのにノラ・ジョーンズは無いでしょう。
音楽なんて何も要らないですよ。
ただ風の音と波の音が聞こえていたら。

それにいくら好きでもガーデニングとつげの木はいかんでしょう。
まあ北欧のフィヨルドの際の農家をイメージしてみたって言うのなら有りかも知れないですが。
こんなに素晴らしい瀬戸内の景色が見えるのに・・・・・

少なくとも海を感じさせる道具立てに専念して欲しいですね。

さて御馳走様を言って外へ出たが、くだんの男、いらっしゃいませでもなければ、有難う御座いますでもない。
もう一客の若いカップルとは知り合いなのか笑いながら話していたのに・・・・・
お母様はそれなりの対応は見せておられましたが。

まぁ、以上のマイナス点をかんがみてもあのシトゥエイションを物にしたことに対しては、拍手を送らざるはえないでしょう。
ホスピタリティーの何たるかを勉強して欲しい物です。

一度は行く価値ありです。
(上記の理由にて店舗の写真は遠慮いたしました)


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/571-4cd1c967
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる