インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20090513]
NAGAMOTI001

これは私のうちの和室の窓の部分において床用の机の後ろの壁にしている板です。

買う時にかなり迷いましたが、窓の大きさにあまりにもピッタリで観念しました。(笑)
蓬莱橋の後楽園の反対側の橋詰にあるギャラリーやぶきで年二回模様される倉敷の骨董屋さん山陽堂さんの展示の時に購入しました。

何でも安土桃山時代の長持だそうな。
話によると1000年杉が使われたそうな。

この辺の確信は殆どありませんが、それでも時代がかなりあってかなり大きな杉の木を使った事は想像に固くありません。

端に和紙が張ってあって、風呂釜の文字が見えます。
読みにくい文字を推測すれば衝立と読めそうでもあります。
風呂蒲の後ろに置かれる衝立を収納していたのでしょうか。

古の想いが浮かび上がってきます。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/596-ea512338
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる