インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20090814]
uteka001

昨日は午後4時前から行動を始めました。

是非行きたいと妻が提案した高松の花火。
なんとフェリーの船上から見たいとのこと。
このプランは上手く行くのでしょうか・・・・・・

まずフェリー乗り場の近くに駐車場はあるのか?
そして岡山からどの位の人が行って、フェリーはどのくらい込んでいるのか?
それに船上から見るとして、最後の部分8時50分発のフェリーに乗り込む為には何分から待つ必要があるのか?
食事はどうするか・・・・・?
なんてもろもろの疑問を感じながらも「えぇ~~~い、ままよ!!」と飛び出したのでした。

5時前に宇高国道フェリーに着くと早くも行列が見えます。
同行者の妻の両親を波止場でおろし、私は駐車場探しに。
近くに玉野警察があって、今回は合法的に行きたい私は素直に聞くことに。
近くにtutayaの24時間駐車場があるそう、もう値段のことなんか言わずに早々駐車。

戻ると列の真ん中に並ぶ。(妻は発券機と喧嘩したようで、事務員さんと大立ち回りをしたらしい。笑)
さて曇りがちの空を見上げながら船上の人に。
デッキの上は風も涼やか快適です。

6時過ぎに高松到着。
2時間弱あるのでその間に食事をすることに。
下調べをしていないので、こう云うときはいい店を探そうと言う事は考えない。
繁華街の中華辺りが失敗はしない。
港の近くに骨付き鳥の上手そうな店を発見したが予約で一杯だったのが若干心残り。

さて夕御飯の後、まだ花火まで40分ほどある。
花火見物の人に押されて、港の方へ行くが皆さん固まって観ている様子が無い。
散らばっている感じ。
それでも玉藻公園の前の波止場前の緑地帯に居場所を占める。

始まりましたよ花火。
おぉ~~と、結構小さいです。
それは港の堤防の外に船台を持ってきてそこで打ち上げているから。
皆さん散らばっていた理由がわかる。
何処で見ても大きさは一緒と言う事。
しいて言えば船を出してみない限り大きくは見えない。

とにかく30分ほどそこで鑑賞して、帰りの船の事もあるので国道フェリー乗り場へ・・・・・・
既にスッゲー並んでるじゃあないですか!!
みんな考える事は同じか・・・・・
とにかく並んで順番を待つ。

係員からは8時50分発の便に乗れるぎりぎりだと伝えられる。
それにここからは音は聞こえど花火は見えず!!
やっとやってきたフェリーも降りてくる人が花火を見ているせいかなかなか降りてこない!!
これじゃあ船上から花火を見るのはかなわないかも。(不安・不安)

何とか乗船できたのは出発時刻の8時50分。
結局岸壁を離れたのが55分な感じ。
それでも何とかフィナーレの連続技を鑑賞する事ができました。(嬉)

追申・結局tutayaの駐車所は4時間で400円格安でしたこれなら使えるかも。
    もう一つフェリーは国道フェリーより四国フェリーのほうが良かったみたい。
    それは高松の乗り場の待ち合わせからでも花火が見えたので。

hanabi001


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/721-c13b9fe9
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる