インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100324]
12014


玄関の周りには設計において気を付けなければならないところが集中します。

まず第一に靴脱ぎの高さをどうするか。

バリアフリーを考えるならゼロにするのでしょうが、普通に考えるのなら25cmから30cm。
これは上り框の台の上に座って靴を履くのに最小限の高さです。

これより大きくすると上がり降りにちょっと力が要ります。

また小さくするとお腹がつかえて折りたたむような感じで靴紐を結ぶのが大変になります。

段差をゼロにするなら、靴履き用のベンチを計画するか椅子が置けるくらいの広さにするかが必要だと考えます。

またこの段差を利用してその下に履物を隠せる場所を設けるとなかなか便利。

靴箱の下を開けておくのでもいいですが、ちょっとした来客の時普段使いの履物を隠す場所にもなります。

写真は西大寺中三丁目の家、かなり理想的にいろいろできている玄関です。
その他の注意点は日を改めてお話したいと思います。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/974-8a63bf91
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる