インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20100331]
13014

牛窓 SEA RANCHの基本的な考え方は、まず必要なボリュウムを虫かごを作るように構造体設定するをすることから始めています。

それに小さな箱を挿入する感じで、見えない方がいい場所を設定します。
それはトイレであったり浴室であったりします。

そうして内部の要求から窓を設定しながら外皮を貼っていきます。

2階は見えてはいけないプライベートの開放感を目指した為にそれをつなぐ場所が箱状になっているのです。
階段とホールとそれをつなぐ間室ともいうべき場所を、展示空間にも使用できるようなイメージを持ちましたので壁の出来る場所に照明器具を持ってくることを考えたのです。

そこでこの設定された箱が意味を持つようになったのです。

33ミリの合板で出来上がった箱のいつか必要になりそうな部分に丸穴を設けてそこにランプを入れる。
これで自由照明の出来上がりです。

このやり方はもっと発展させられそうで現在検討中です。


管理者にだけ表示を許可する
Top
http://yaha119.blog116.fc2.com/tb.php/981-53647467
copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる