インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20161231]
arudexi-001


昨日の朝、起きたらピエール・バルーの訃報が入った。
僕のfacebookのラインはそのことについてのコメントが半分くらいを占めている。 

でも僕は、そこまでピエール・バルーに入れ込んだわけではない。
ただ気になる存在だった。

20代半ばMPB の聴き始めの35年ほど前のこと、サラヴァレーベルが気になってからのことだ。
かといってアルバムを持っていたわけでもない。

一度だけ、中村喜朗と一緒のライブをモグラで観た。
レコードコーナーの平井さんがプロデュースして僕が見た最後のライブだ。

中村喜朗が本当にうれしそうに、大切そうにデュオで歌っているのをはっきり覚えている。

中村喜朗を僕に教えてくれたのは、グリーンハウスの中村裕さん。

奇しくも僕が岡山でも音楽を聴き続けていくことができると思わせる環境を作り続けていた人達、そして僕の音楽趣味に多大な影響を与えたその当の2人がそろっている。

そんなこともあってfacebookのラインを丹念に眺めていると、あるエピソードが目に留まった。
ピエール・バルーが病院に運ばれるとき救急隊員に[水の中の環]を歌ったという。

これも僕としては、あまり真面目に聴いてはこなくて、[Decalages]と[Profil]二つのアルバムしか持ってないフランソワーズ・アルディーがこの曲を歌っていたのを思い出す。

そんな長い前振りで、[profil]を朝から掛けていたら、今の気持ちにぴったりの曲を見つけた。

[Quelquun qui sen va 行ってしまった人]

なんともこの一年旅立った人が多かったことか。

それに何か今後の世界にとって重大で致命的な変化の一端となってしまいそうなことが些細な姿と共に決まってしまったような・・・・。 

ある種の諦念と共に浮かんでは消えてゆく。


[profil]は日本制作盤なんで訳詩がついている。
この訳詩を眺めながら共に聴いていると不思議な気持ちになった。

[広告] VPS


行ってしまった人

見てなかった こんな遅くなってしまったこと
それぞれ違った思い出を胸に
見てなかった もうとてもやってはいけない

見てなかった沈黙と夜が
忘却の時を運び
誰かが行ってしまうのを
それはあなた それは私

見てなかった 夏の終わりの寂しさに
鎧戸をすっかり下したから
音もたてずに終わった
いろんな暮らしが終わった
あなたでもなく 私でもなく

音もたてずに終わった
いろんな暮らしが終わった
今になっちゃ、あなたでもない、私でもない


YouTubeにはこの曲がなかったので音質悪いですが動画でどうぞ。

あぁ おやすみなさい・・・・・
[20161213]
sakosi001

数日前私の愛車友達が兵庫県赤穂市坂越に遊びに来ている話をmixiでされていました。
その時は、あぁ~~「坂越で牡蠣を食べに来られたのだなぁ」くらいにしか思って居なかったのですが・・・・
いくつかの写真の中に気になる写真が存在したのです。

それは坂越の街中の山に張り付くようにして建つ神社。
そしてそこの絵馬堂の写真。

岡山の三ノ宮である神根(こうね)神社で絵馬堂を見てからというもの。
神社があると絵馬堂を見ていた私ですが、なかなかいい絵馬が掲げてあることのほうが少ないということがわかったのでした。
でも、今回彼が写真に撮っていたものはかなり薄くなってはいるものの何かかなり惹かれるものを感じたのです。

sakosi002

この神社の名前は[大避(おおさけ)神社]というそうで、神社のそもそもの歴史は6世紀半にさかのぼるらしい。
ここで行われる、坂越の船祭りは瀬戸内海三大船祭りの1つに数えられる。

それ故海の守り神として、絵馬も船を描いたものが多い。
それでもそれ以外のものもいくつかあって、どれも江戸期のように思われる。
さすがに退色がはなはだしいが、中々の筆跡で心動かされるものだ。

sakosi003

sakosi004

sakosi005

sakosi006

なかなか素晴らしいでしょ!!
さて神社自体の姿も素晴らしい。

sakosi007

ということで、これくらいいい神社があると当然街並みも素晴らしくて造り酒屋や和風の銀行跡など見どころも多い。
そして、往時のにぎやかさを象徴するように遺構の石垣がメインの通りから一歩奥に入ってゆくとみることもできるのだ。

これがまた雰囲気を作っている。

sakosi008

sakosi009

sakosi010

そして神社の横は城跡。
ここは何十年か前は小学校だったそうな。

sakosi011

小さな車だと茶臼山城跡にも上ることができ瀬戸内の景色も楽しむことができます。

sakosi013







[20161207]
mema-ri001

鍵盤の上をハチドリが舞い踊ってゆく。時間を超え、次元を超え、場所を超え。浮かび上がったり消え行ったり。その時私たちは楽園の実在に気付くのだった。André Mehmari Trio@蔭涼寺。
[20161111]
nama-ri002

今年はもうライブは終わりかなと思ってたのに。
先月末にビックニュースが発表されました。

5年ぶりの来日です。
5年前といえば東日本大震災。

その年の4月に来日予定をしていたメマーリ。
前年からの準備も終わりもうやって来るだけ、飛行機に乗るのを楽しみにしていた時期でした。

原発の事故が、海外でも話題に上り、来日する音楽家のキャンセルが報道される中。
メマーリは自ら情報を調べまくり、自ら来日を決めたのです。

会場の城下公会堂はアップライトピアノだけ。
しかし、招聘をコントロールしていた名古屋のミケちゃんの調律で別物に変わっていた。

眼力をすごく感じるメマーリが1音弾くたびに心に波紋が広がってゆく・・・・・

あぁ!あの感動がまたここ岡山、蔭涼寺で味わうことができるのです。

今回も東京・名古屋・岡山のみの公演。

期待値がどんどん上がってゆきます。



[20161020]
津島福居の家1

玄関 アプローチ





津島福居の家2

道路の袋小路にあります





津島福居の家3

リビング





津島福居の家4

ダイニング





津島福居の家5

ダイニングからキッチン





津島福居の家6

キッチン収納





津島福居の家7

階段室





津島福居の家8

洗面脱衣室





津島福居の家9

寝室





津島福居の家10

中庭デッキ







[20160825]
akaseka001

ACA SECA TRIO @ 蔭凉寺素晴らしい時間でした。

各メンヴァー2人ずつくらいの来日は想定できてもこの3人がそろって目の前に現れるなんて夢にも思わなかった。

コーラスのアンサンブルの一体感と言ったら・・・演奏する曲の前に簡単に打ち合わせをする、そんな仕草が3人の日ごろの姿を想像させる。
そして楽器を手繰る腕前も素晴らしい。
去年のアンドレアス・デェウサエルトとファンピの時と変わることないピアノワークがそれを実証している。

akaseka002


こちらもアルバムをすべて聴きまくってきたのでどの曲も頭に入っていて「あぁこれこれ」という感じで旧知の友人との会話のよう。

そしていつものD'r西村の通訳は痒い所に手が届く名訳。
学生時代によく聴いたというホルヘ・ファンデルモーレとルーチョ・ゴンザレスのアルバムを引っ張り出して聴くと彼らのアイディアが心に響いてきた。

アンコールは楽器を使わない3人が前に出て伝統的フォルクローレをアカペラで2曲聞かせてくれた。以前YouTubeで見て是非聞きたいと思って居たもの。

そしてそれも終わり電気がついてお客出しの音楽がかかっても拍手鳴りやまず。
もう一度出て来た彼らは、簡単な打ち合わせでまたもアカペラを披露。もう涙がちょちょ切れ状態。

しかしこの距離でアンドレアスもティキもなんといってもファン・キンテーロが歌っていたのが信じられない!!(溜息・・・・・)

akaseka003





copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる