インテリア・住宅・建築・生活・趣味・季節感に関わる四方山話. ちょっと素敵な物・事・景色・日常などを紹介したいと思います。
[20170426]
takebe001

昨日素晴らしい場所を見つけました。
でも地元の人は知っていたわけで、でも大方のそれ以外の方は気付いていない。
パソコンに発表されているかと思って検索してみましたが、出てこないようです。
この頃はどんな場所でもすぐに有名になりがちですが、全く珍しい。

先週のことです。
枝垂れ桜が満開という話を聞いて「たけべのもり」に行った帰りのことです。
建部駅に通じる「なかよし橋」の向こう側の土手に数色の花が咲いている気配を感じたのです。
でもその日はそこまで行く踏ん切りがつかず、国道53号線を南下したのでした。

takebe002


そして昨日山が笑っている姿を観たくて、旧旭町にある三休公園に行った帰り。
もう一度同じ場所で強い引力を感じてしまったのです。

今度は「なかよし橋」を渡ってそばまで行ってみました。

素晴らしい!!

何色もの八重桜が堤防の上にトンネル状に咲いていました。
地面はアスファルトも敷いていない雑草の道。
堤防のブロックコンクリートは仕方がないところです。

大阪造幣局の通り抜けは有名ですが、この全長を歩くとそれに匹敵する(ちょっと無理かな?笑)長さです。
そしてなんと満開。
私は染井吉野も嫌いではないですが、やはり花の季節の浮かれた雰囲気が好きではなく、この時期の八重桜が本当に静かで好きなのです。

その後、街並みを車で流すと江戸期と思わしき町屋が数連繋がっていたり。(これはパソコンに紹介されていて、実際には明治初期でした)雰囲気も抜群。

もう少し丁寧に街を歩いてみたくなった次第です。(パソコンでは昔の船の渡し場も残っているらしい)

こういう発見があるので田舎道は素晴らしい!!

高速では見つかることはない世界だと改めて思った次第です。(ただ高速代をけちるケチな奴です!)

takebe004

[20170402]
gijyo001

クラシック系のピアニスト、フェルナンダ・モレーロと現代音楽に足場を置きながらジャズ・ロック・クラシック・アルゼンチンフォルクローレなど広範な領域で活躍するギジョ・エスペルのアルバム。

数年前の真夏にやって来た時は、どうもしっくりこなかった。
ただこれを試聴して気に入ってユニオンのウォントリストに入れておいたのは、そうまだ寒い時期だったことをきょう思い出して久々にプレーヤーのトレイに載せてみた。

音楽は思った以上に季節に左右される。

この静けさはこの時期ならではでしょうね。

gijyo002


スピネッタ トム・ジョビン ビョーク レノン・マカートニー バカラック シューマン。

形がほとんど変わっていてわからなくなってるものも多いけど、なかなか行けます。

[20170305]
2016zennki

2016kouki

非常に遅いです!去年の決算忘れてました。
購入したCD全54タイトル。
そのうち新譜44枚旧譜10枚。
内容はアルゼンチン物26枚ブラジル物13枚スペイン物2枚その他ラテン物3枚ECM・ジャズ3枚ニルス・フラム関係2枚アメリカ・イギリスのシンガーソングライター物5枚。
相変わらず比率は同じですね。
アルゼンチンが半分ブラジルが4分の1その他が4分の1。毎年このくらいです。かなり節制したつもりでも相変わらずとはこれいかに!

そしてBEST4を毎年ながら強引に決めてみました!
かなり迷ったのは、今年にわかに活動を活発化させたモノ・フォンタナ関係の3作品。
どれも良かったんですがどうしても絵ずら上4枚にしたかったんで選べませんでした。

etyebaria



ガブリエラ・エチェバリアのALLIに似た感じのアインダデュオUNOもかなり来ましたが今年後半の室内楽の雰囲気が忘れられないのでこれに決定。

korarunevenn



huaresu



モノクロ2枚は今年初めに買ったもののいまだに私のCDプレーヤーのチェンジャー29選から抜けることがなかった。
ボバディージャ・オリバちゃんの2作品の質の高さは特筆されますがここは私の趣味でギターとのデュオで!!

isiry

[20170209]
玉野の二件長屋1

南面夕景





玉野の二件長屋6

外壁のタイルワーク





玉野の二件長屋3

南側リビングダイニング





玉野の二件長屋2

北側リビングダイニング





玉野の二件長屋5

和室は押さえ縁を使ってデザインする







[20161231]
arudexi-001


昨日の朝、起きたらピエール・バルーの訃報が入った。
僕のfacebookのラインはそのことについてのコメントが半分くらいを占めている。 

でも僕は、そこまでピエール・バルーに入れ込んだわけではない。
ただ気になる存在だった。

20代半ばMPB の聴き始めの35年ほど前のこと、サラヴァレーベルが気になってからのことだ。
かといってアルバムを持っていたわけでもない。

一度だけ、中村喜朗と一緒のライブをモグラで観た。
レコードコーナーの平井さんがプロデュースして僕が見た最後のライブだ。

中村喜朗が本当にうれしそうに、大切そうにデュオで歌っているのをはっきり覚えている。

中村喜朗を僕に教えてくれたのは、グリーンハウスの中村裕さん。

奇しくも僕が岡山でも音楽を聴き続けていくことができると思わせる環境を作り続けていた人達、そして僕の音楽趣味に多大な影響を与えたその当の2人がそろっている。

そんなこともあってfacebookのラインを丹念に眺めていると、あるエピソードが目に留まった。
ピエール・バルーが病院に運ばれるとき救急隊員に[水の中の環]を歌ったという。

これも僕としては、あまり真面目に聴いてはこなくて、[Decalages]と[Profil]二つのアルバムしか持ってないフランソワーズ・アルディーがこの曲を歌っていたのを思い出す。

そんな長い前振りで、[profil]を朝から掛けていたら、今の気持ちにぴったりの曲を見つけた。

[Quelquun qui sen va 行ってしまった人]

なんともこの一年旅立った人が多かったことか。

それに何か今後の世界にとって重大で致命的な変化の一端となってしまいそうなことが些細な姿と共に決まってしまったような・・・・。 

ある種の諦念と共に浮かんでは消えてゆく。


[profil]は日本制作盤なんで訳詩がついている。
この訳詩を眺めながら共に聴いていると不思議な気持ちになった。

[広告] VPS


行ってしまった人

見てなかった こんな遅くなってしまったこと
それぞれ違った思い出を胸に
見てなかった もうとてもやってはいけない

見てなかった沈黙と夜が
忘却の時を運び
誰かが行ってしまうのを
それはあなた それは私

見てなかった 夏の終わりの寂しさに
鎧戸をすっかり下したから
音もたてずに終わった
いろんな暮らしが終わった
あなたでもなく 私でもなく

音もたてずに終わった
いろんな暮らしが終わった
今になっちゃ、あなたでもない、私でもない


YouTubeにはこの曲がなかったので音質悪いですが動画でどうぞ。

あぁ おやすみなさい・・・・・
[20161213]
sakosi001

数日前私の愛車友達が兵庫県赤穂市坂越に遊びに来ている話をmixiでされていました。
その時は、あぁ~~「坂越で牡蠣を食べに来られたのだなぁ」くらいにしか思って居なかったのですが・・・・
いくつかの写真の中に気になる写真が存在したのです。

それは坂越の街中の山に張り付くようにして建つ神社。
そしてそこの絵馬堂の写真。

岡山の三ノ宮である神根(こうね)神社で絵馬堂を見てからというもの。
神社があると絵馬堂を見ていた私ですが、なかなかいい絵馬が掲げてあることのほうが少ないということがわかったのでした。
でも、今回彼が写真に撮っていたものはかなり薄くなってはいるものの何かかなり惹かれるものを感じたのです。

sakosi002

この神社の名前は[大避(おおさけ)神社]というそうで、神社のそもそもの歴史は6世紀半にさかのぼるらしい。
ここで行われる、坂越の船祭りは瀬戸内海三大船祭りの1つに数えられる。

それ故海の守り神として、絵馬も船を描いたものが多い。
それでもそれ以外のものもいくつかあって、どれも江戸期のように思われる。
さすがに退色がはなはだしいが、中々の筆跡で心動かされるものだ。

sakosi003

sakosi004

sakosi005

sakosi006

なかなか素晴らしいでしょ!!
さて神社自体の姿も素晴らしい。

sakosi007

ということで、これくらいいい神社があると当然街並みも素晴らしくて造り酒屋や和風の銀行跡など見どころも多い。
そして、往時のにぎやかさを象徴するように遺構の石垣がメインの通りから一歩奥に入ってゆくとみることもできるのだ。

これがまた雰囲気を作っている。

sakosi008

sakosi009

sakosi010

そして神社の横は城跡。
ここは何十年か前は小学校だったそうな。

sakosi011

小さな車だと茶臼山城跡にも上ることができ瀬戸内の景色も楽しむことができます。

sakosi013







copyright © 2005 山本治彦 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

山本治彦

Author:山本治彦
山本治彦空間制作工場
1級建築士事務所
岡山市古都宿239-6-101
TEL 086-278-5101
FAX 086-278-5102
携帯 090-2865-0970
MAIL yaha119@yahoo.co.jp

カテゴリー

興味を持たれたら

是非、御連絡下さい。相談は無料です。いろんな話を聞かせてください。それも私たちの糧になります。どうぞお気軽に。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる